AKB48メンバーのタフさをみならえ!

AKB48メンバーのタフさをみならえ

たかが人気アイドルグループとあなどることなかれ

AKB48を知っていますか?

恐らくこの質問は愚問で、国民的アイドルという言葉を使えば多少の反発・反感を買うことこそあるかもしれないものの、人気アイドルグループとして認知されています。

選抜総選挙

シングル曲のレコーディングメンバーを巡って選抜総選挙と呼ばれる人気投票が行われるのですが、投票したことはあるでしょうか?

私たちは投票するにしても、単に傍観ぼうかんするにしても、投票する側の視点で彼女たちを見ることになります。

立場を換えてみると一変いっぺん

投票される側の視点で考えてみたことはありますか?

選抜総選挙を投票される側の視点で見た場合、かなり心理的に過酷かこくな状況にあることが判ります。

お祭りムードどころでは・・・

ファンからすれば、必死に取り組むAKB48の立候補メンバーを微笑ましく、好ましく思い眺めているのでしょう。

それは取りも直さず、活動状況が報道され、選挙結果を待つ状況を報道され、選挙結果が報道されていることを意味しています。

政治の選挙より心理的にヘビー

選挙とは言っても政治における選挙とは異なり、政策やイデオロギーの違いという価値観で評価されるのではなく、ひとえに人気で結果が決まります。政治の世界でも多分に人気の要素はありますが、選挙結果はそれだけではありますまい。

自分自身に対する拒絶

ですから、政治活動における選挙で有れば、落選した場合でも、自分が拒絶されたと感じないで済む部分があります。

ところがAKB48の選抜総選挙では、選挙結果が好ましくなければ、自分自身が拒絶されたのだという心境になっても致し方ありません。

涙の挨拶

それでも彼女らに強烈な負荷がかかっていることは、選抜総選挙に勝った前田敦子さんの結果発表後の有名な涙の発言エピソード※からもうかがわれるのではないでしょうか。

※ 二位以下のランキング発表で、前田敦子さんが一位にならないようにというニュアンスで、名前が連呼され、自分が嫌われていると感じ涙したというエピソード。その時のランキング発表時の挨拶の言葉私のことが嫌いな方もAKBのことは嫌いにならないでください。で知られています。

就職活動では・・・

AKB48の選抜総選挙を就職活動に置き換えるとどうでしょう。

活動内容が報道されるということは、まず、あなたがる企業に応募したことが周知しゅうちされます。

続いて、ライバルである他の応募者が周知され、あなたがどんな人であるかも周知されてしまいます。例えば職務経歴書が開示されてしまうイメージでしょう。

あなたの面接の様子が放映されます。

その後、採用者発表時に応募者全員が集合し、あなたは他の応募者と共に結果発表の瞬間ときを待ちます。

採用者も、一度には全員が発表されず、1人ずつ、順番に発表されていきます。採用者発表の模様が放映されます。つまり、あなたが息を飲んで待っている瞬間が放映されるのです。

いかがでしょうか。

我が身に置き換える

我が身に置き換えてみると、かなり過酷な状況であることが分かるのではないでしょうか。

あまり関心が無かったAKB48に関心を持ったのは、テレビで選抜総選挙に関する映像を偶々たまたま見た時です。

選抜総選挙での形振なりふり構わぬ選挙活動に感心しました。彼女らは年齢も随分と年下です。恐らくあなたにとってもかなり年下、仮にかなり年下でないにしても、せいぜい同年代ではないでしょうか。その彼女らは一生懸命に頑張っています。

自らをさらすことへの抵抗

自分をさらすことには抵抗を感じるものです。

チャンスがあるのにもかかわらず、ともすると自分を曝すことを恐れ、挑戦することを躊躇ためらい、逃れようとしてしまう。

そんな状況にはありませんか。自分を曝すといってもほんの少しです。

それでも選考結果で不合格が通知され、心理的にダメージを受け、傷つくのが怖い。それは自分が拒絶されたと感じるからです。

私は自分を曝け出すことを恐れるあまり逃げに回る傾向があることを自覚していたので、AKB48のメンバー達に畏敬いけいの念を持ちました。

あなたも同じ!?

転職する必要があると感じているあなた

転職すべきタイミングだと自覚しているあなた

あなたが転職活動を開始しても、AKB48の彼女らほど人々の目に曝されることはありません。

選考結果が思わしくない時でも、独り[場合によっては家族と共に]結果を受け止めれば良いはずです。

AKB48の総選挙に比べてみれば、はるかに心理的に楽だと感じませんか。

さあ、勇気を出して!