年収アップのための転職

転職は年収アップのタイミング

転職は解決をもたらすもの

転職は解決をもたらすものであることで、転職はあなたにとって、何らかの解決をもたらすものであることの必要性をお話ししました。

ですから、あなたが真摯しんしに自分自身の心と向き合って、転職することを良しとしたのであれば、多少の困難が伴ったとしてもやり遂げる必要があります。

転職は時として、「逃げ」に利用されますが、時と場合によっては転職しないことが「逃げ」になります。

あなたは年収アップを狙って転職を考えた

あなたが現在の年収[年俸]に不満を持ち、他に転職することを希望するのは正当な理由だと考えられます。

純粋に年俸だけが問題ならば、まずは転職エージェントを訪ねるのが得策です。

あなたが自分自身のキャリアを客観的に評価できており、間違いなく今以上の年収が期待できると確信しているとしてもです。

急がば回れと逃がした魚は大きい

確かにあなたが考えているとおり、直接求人企業に応募し、転職を決めてしまうことは楽であり早いかもしれません。でももっと良いチャンスをみすみす逃すことになるかもしれません。

あともう少し職務経歴キャリアが積めれば格段にチャンスが広がる場合やあなたの気づいていない選択肢が浮上するかもしれないからです。

差が大きい

職務経歴上、るところまで頑張って実績を積めば、更に年俸で200万は上積みされるという手前のところで転職してしまうことになるかもしれません。その場合は、慌てて転職するよりも現職で実績を積み、実績を待って転職した方が有利だからです。

利害が一致

こういった転職時期についての相談も転職エージェントにすれば良いのです。あなたが有利に転職できること、つまりより高い年俸で転職できる方が、転職エージェントにとっての利益にもつながります。利害は一致しており、親身に相談に乗ってくれるのです。

市場価値を測るとは!?

しばしば見かける転職エージェントの広告で

転職市場におけるあなたの市場価値を測りませんか?

といったたぐいのものは、転職時期をはかるためのものでもあるのです。(¶ あなたの市場価値を聞く

転職には万全を期す

そもそも転職は、そう易々やすやすと繰り返すものではありませんから、一つ一つの転職を大切にし、キャリアアップにつなげていくべきです。その為にも転職エージェントの活用です。

まともな転職コンサルタントであれば、あなたに不利になるような転職をうながしたりはしません。

まともでない転職コンサルタントについての一例 (¶ 不心得者ふこころえものの転職コンサルタント[外部リンク])

埋もれた宝もある

転職活動で万全を期すためには目の前にある限られた選択肢だけではなく、埋もれていて気づかない選択肢も精査すべきなのです。

転職エージェントの利用は無料

幸いにして、転職支援を生業なりわいとする転職エージェントは、転職希望者にとって利用は無料ですから、積極的に利用していくことです。

積極的に登録していく・・・には含みがあります。転職エージェント一社に登録したら良しとしてはなりません。転職エージェントは何社かに登録すべきなのです。

セカンドオピニオン!

転職エージェントであなたの転職支援をする転職コンサルタントによって意見が異なることも多く、複数の転職コンサルタントの意見を聴取することで、あなたの転職は飛躍的に有利になります。

応募可能な求人企業の数が相対的に増えます。同時に応募企業の事前情報が取得できます。

ライバルを抜く

応募書類、特に職務経歴書のの品質が格段に向上します。あなたの職務経歴をきらりと光らせ、採用担当者をピリッとしびれれさせる職務経歴書ができるのです。何人もの転職コンサルタントに磨き上げてもらった職務経歴書は強力です。複数の転職コンサルタントから質問を受けることで、職務経歴書でどこが気にされる点かが、より鮮明に見えてくるでしょう。

自然に面接での想定問答集までできてしまうのではないでしょうか。

  • 年収アップのために転職する為にはタイミングが大切なこと
  • タイミングを計るために転職エージェントを利用すべきこと
  • 転職エージェントへは複数登録する必要があること

以上がお解りいただけたと思います。