もっと高い年収を狙えば良いのでは!?

高年収は意外と現実的

一般論でなら分かっているはずなのに・・・

何故なぜ

年収アップ転職ほど危険なものはない。

こんな風に考えている人がいるみたいです。

一般論で、

給与と能力は比例しているものですか?

と質問を受ければ、必ずしも比例してはいないと答えられるのではないでしょうか。

社員同士を比べても、明らかに仕事の出来ない、又は、仕事をしない同僚が同じ給料をもらっていることに不満を持つことはよくある話です。

職場を見渡せば、所謂いわゆる「プロパー社員」よりも仕事の出来る派遣社員がいて、本来はプロパーの社員がしなければならないマネジメントを派遣社員が陰で代わって行っているといったようなことも目にします。

もっと一般に業界水準からみて、自社は給与水準が低いと云った評価をすることもあります。

ちょっと見てみるだけで、不当に高い給料をもらっている社員もいれば、仕事相応そうおうの給料をもらっていない社員もいるわけで、更には派遣社員や契約社員といった身分で働けば、更に割を食うことにもなっていることが解ります

でもあなたの転職だと・・・

さてあなたが転職活動をする場合の年収に対する考え方はどう変わるでしょうか。

転職は、給与水準を修正する機会でもあるというのに、そして、給与水準の高い会社に転職した方が良いに決まっているのに、何故なぜ躊躇ためらうの?

保守化

転職後、軋轢あつれきを生みたくないために、能力相応の給料にこだわるとでも言うのでしょうか。

実際のところ、給与は仕事の能力と必ずしも比例しないにもかかわらずです。

給与と能力が比例しない本質的理由

それはこれまでにいくつか挙げた例の他に、もっと本質的な理由があります。

経営者の価値観

給料は経営姿勢が如実にょじつに反映されていると言うことです。

また、会社の採用している人間観にも影響されます。

会社を支えてくれている従業員に報いたい。

と考える経営者と、

従業員はこまに過ぎない。安く使えるに越したことは無い。

と考える経営者では、同業で同規模としても、給与水準にへだたりがあっても不思議ではないということです。

こういう企業が世にいうブラック企業化していくのです。従業員をおとしめ、搾取さくしゅする構図こうずができあがるのは、こういった価値観の場合です。

人間の生活とは思えない生活をいられているとすれば、間違いなくこの手の価値観の経営者が支配しています。

経営者の価値観が年俸に反映する対照的な2つの実例

る会社では、社長の意向で、

年俸にいくらだしたら、君たちが本気になれるか教えてくれ!

とアンケートが取られました。

本気で会社に貢献してくれるのならば、少々給与の支払いが高くなっても割に合うというわけです。

けだ卓見たっけんです。実際に給与水準はかなり高い企業です。

社員の中の一人は、「一身献上」と書いたと言いますから、経営者だけでなく従業員にもいきを感じます。経営者と従業員の間の信頼関係も見てとれます。

この会社では、他にも、る取締役が自分の報酬を減らして、ある従業員の年俸を上げてやってくれと社長に交渉したという話もありました。社長は取締役の申し出に深く感じ入り、取締役の要請を受け入れはしなかったのですが、その話を該当する従業員に伝えました。従業員も感動したことは間違いありません。

一方で、とんでもない会社もあります。

給与が不当に安いとの抗議に対し、

貢献してもらっている実感がない。

とまで言い、貢献を認めたら、今度は、

給与を上げるための原資がない。

と言うのです。

経営者が、口八丁手八丁くちはっちょうてはっちょうで人を安く酷使こくししようと考えているのはハッキリしています。

経営者は本来、自身の報酬を削ってでも従業員への給与は支払わなければなりません。

口八丁手八丁くちはっちょうてはっちょう
しゃべることもすることも、人一倍達者なこと(岩波国語辞典 第六版

雇用に対する経営姿勢が、その会社の給与水準に強く反映します。

働きが認められた上で、原資がないと言われたのであれば、もう転職するしかないですね。

そもそも人材を採用するだけの経済力が無い企業なのです。誠実さのかけらもない企業といえます。

企業の業績

一方で、会社の業績も影響します。

従業員に報いてやりたい。もっと十分な給与を支払いたいと考えていても実現していな場合もあります。

無いそでは振れぬ

役員報酬は削ったものの、原資がないといった場合も考えられます。この場合は、口八丁手八丁くちはっちょうてはっちょうで安くこき使おうというのではなく、無い袖は振れないわけです。

考え直したい給与についてのあなたの転職観

つまり、年俸が高い求人(求人案件)だからといっておくしたり、尻込みしたりする必要はないということです。

年俸が低い求人案件は、経営者に問題があるか、業績に問題がある可能性があります。

頼みの転職エージェント

転職エージェントに紹介してもらった求人であるならば、求人企業の給与水準一般と求人の職務についての詳細を問い合わせます。

同業他社と比べての水準感も確認すると良いでしょう。同一規模同一職務から見て給与が著しい低水準にある求人は、避けるのが賢明というものです。必ず何か問題があります。

安い給料で人材を放出してしまうことをリスクと感じないとすれば、惜しまれるような人材がいないか、事業自体に問題があります。

求人は転職エージェントを通じて精査

応募できる企業が無いからと言って、安易に応募し、就職すると、いずれまた転職活動しなければならなくなります。

毒虫と分かって、近寄るのは賢明なことではありません。毒に侵され、にっちもさっちもいかなくなるのが落ちです

求人情報の行間

一方で、募集要項の給与提示が低くても、実は高い年俸を用意している企業もあります。高年収だけを理由に応募されるのを嫌っている場合です。

やっぱり求人情報のチラシの裏は必要情報なのです。これを手に入れるには転職エージェントを頼るしか方法はありません。方々に強力なコネがあれば別かもしれませんが。

年収アップをもっと貪欲に!

転職エージェントに登録し、間口まぐちを拡げて、貪欲どんよくに年収アップを狙いましょう。

あなたは、既に今回の記事で新たに求人案件の紹介を受けた際に質問すべき事項を確認しましたね。

同業他社と比べて給与水準はいかがですか?

職務から見た給与水準はどうですか?

この2つは必ず確認しておきましょう。