短期転職成功者は平均40~50社に応募

無数に応募できる体制作り

40~50社にどうやって応募するのか

短期転職成功者、1ヶ月半から2か月で転職が成功した人は、40社から50社に応募していると言います。

応募の手数は必要

転職エージェントの方からの話なので、個々人が応募している実数はもっと多いかもしれません。

闇雲やみくもに応募することをお勧めするわけではありませんが、数多く応募することが転職成功を早めることは間違いありません。

手数てかずを増やすことは大切なので、迷ったら応募して面接の機会だけでも確保してみるといった積極性が必要です。

応募してから分かる会社の実情

転職エージェントでは、転職コンサルタントが事細ことこま事細に求人企業の詳細情報を伝えてはくれますが、実際に応募し、面接に足を運んでみないと分らない部分が有るのは確かです。

百聞ひゃくぶん一見いっけんかずとは正にその通りで、面接に行って、話を聞いたら、急速に心をかれたなんてこともよくあることです。実際のところ、だからこそ面接があるわけですし、転職コンサルタントとも面談するわけです。

転職活動が長期化しそうなら手数てかずの見直し

転職活動を開始して、転職活動が長期化の様相ようそうていして来たら、あなた自身の転職活動の手数を見直してみた方が良いかもしれません。

思い入れを込めて、一社一社応募していくと、かなり心労しんろうが伴いますので、実際に応募している以上に、転職活動をしている気分になるものです。

転職活動は仕組み化する!応募は一元管理でで紹介しているのですが、応募している状況を一元管理する目的で一覧にしておくと、あなたは、自身の転職活動を実態以上に大きく感じてしまうことが避けられます。

実態がきちんと把握できて、もう少し活動量を増やした方が良いと感じられることでしょう。

常時10社に応募

かつて転職コンサルタントから

常時、最低10社には応募している状態でいた方が良いですよ。

とアドバイスを受けたことがあります。

確かにこのペースならば、1ヶ月半から2か月で、40社から50社には応募することになるでしょう。

求人案件を入手し応募できる体制作り

数字を挙げるのは簡単ですが、1月半から2か月という短い期間で、40社から50社に応募することは結構大変なことです。

応募企業を見つけるだけでも、案外骨が折れます。

転職エージェントの利用は必須

やはり応募数の確保という意味でも、転職エージェントの転職支援サポートは必要です。

継続的に求人案件の紹介を受けるためには、密に連絡の取れる転職コンサルタントが何人かを確保したいところです。

必要応募総数から逆算ぎゃくさん

仮にあなたが求人を自分で半分探すとしても、残りの20社から25社、或はそれ以上の求人を特定の転職コンサルタントに望むのはこくな話です。

転職コンサルタントはあなたの専任ではあっても、あなたに専属ではありません。

転職コンサルタントは、あなた以外の転職希望者のサポートも行っています。

そうなってくると、複数の転職コンサルタントから、求人の紹介を受け、応募する求人案件数を確保するというのが理に適っていますリーズナブルです

自分だけで求人を探すのはいばらの道

一方で、あなたが離職中ならば、あなた自身が求人を探すことも或る程度はできるかもしれません。

職種によっては、求人票を見ても、自分に合った求人なのかどうか判断が付かないことも多々あります。

求人票の解読、敢えて解読という言葉を使いましたが、一般公募の求人票は、どのくらいの経験を想定しているのかなど、判然としないことが多く、応募するに相応ふさわしいかどうか判断が付かないことが多々あります。

天は自ら助くる者を助く

勿論もちろんみずから労を惜しまず求人票を読むのは大切なことですが、求人の中身を知った転職コンサルタントから紹介を受けるのはとても効率的です。

転職コンサルタントからは、自分でも求人を探すことを勧められるでしょう。転職情報の経路チャネルを拡げるためには、できることは全てやるべきです。

あなたが自分自身でも求人を見つけ応募することで、転職コンサルタントはあなたが転職に積極的だと感じ、より力を貸してくれるでしょう。

これらを踏まえ、先ずは転職エージェントに登録し、あなたに合った求人が紹介されてくる伝手つて・仕組みを作ることが転職活動を円滑に進めるための最優先事項です。