転職エージェントは当てに・・前傾姿勢で

転職活動は前傾姿勢で

転職エージェントは当てにして良い

転職エージェントは当てになるのか、当てにならないのか。

疑問を持つ転職希望者がいるかもしれません。

改めての問い

転職エージェントは当てになりますか?

に対する答えは簡単です。

転職エージェントは当てになります。

当てになるのかという疑問の背景

問題は、転職エージェントは当てになるのかという疑問の背景です。

転職エージェントへの登録を迷っている場合

単に転職エージェントに登録しようか迷っていての疑問なら、特に問題は無いです。

早速さっそく、あなたに合った転職エージェントに登録しましょう。

まずは、総合的な大手転職エージェント。そして、あなたが転職したい業種・職種に特化した転職エージェントが有れば、特化型転職エージェントにも併せて登録します。(¶ 大手と中小規模の転職エージェント|何社ずつ登録するのが理想?

お勧め転職エージェント一覧

問題なのは、あなたが既に転職エージェントに登録している場合です。


https://tenshoku.surikogi.net/about_employment_agency/number/

転職エージェントに既に登録している場合

登録している転職エージェントがだ1社

あなたが登録している転職エージェントが1社だけならば、他の転職エージェントにもあわせて登録することをお勧めします。偶々たまたま、あなたが登録した転職エージェントがあなたに向かない、しくはあまり良い転職コンサルタントに出会うことができなかったということです。

その場合、新しい他の転職コンサルタントとの接点を持つことで、あなたの不満や疑問の原因が、あなたを担当した転職コンサルタントの問題であることが分るでしょう。

ですから、他の転職コンサルタントと会ってみることです。

一般には、転職エージェントに登録し、あなたに専任の転職コンサルタントが付いた場合、他の転職コンサルタントと出会うには、他の転職エージェントに登録します。大手では、ほとんどが分業型なので、1転職希望者に1転職コンサルタントが専任となるのです。

ところで、転職エージェントによっては、個々の転職コンサルタントとの相性などの問題が起きた場合に備えて、予め転職コンサルタントをチェンジできる仕組みを持ったところもあります。

転職コンサルタントがチェンジ可能な転職エージェント
  • ウェブ上からチェンジ申請可能な転職エージェント
    (希望勤務地:首都圏、関西、福岡)
  • 面談後にサポートからメールが届く転職エージェント
    (希望勤務地:日本全国対応)

ある意味、転職エージェントに登録してみたものの、不満が生じることは、想定内のことと言えます。

一貫型転職エージェントの可能性

大手では、数少ない一貫型[両面型]転職エージェントに登録するのも良い方法でしょう。求人案件次第で、他の転職コンサルタントが担当するからです。つまり一つの転職エージェントの中で、複数の転職コンサルタントとお付き合いできる可能性が有ります。

求人企業と転職希望者を1人の転職コンサルタントが一貫して対応する一貫型転職エージェントには、求人企業と転職希望者を別々の転職コンサルタントが担当する分業型には無いメリットが有ります。

一貫型では、転職コンサルタントが求人企業から直接話を聞いているという点で、求人背景は言うに及ばず、詳細な情報が得られやすいという大きなメリットがあります。一方で、求人案件ごとに転職希望者への窓口である転職コンサルタントが交代するということが場合によって落ち着きなく感じられることがあるかもしれません。

一貫型も分業型も一長一短

転職コンサルタントが同一であるとすれば、コミュニケーションを取りやすいという点では、転職コンサルタントが選任する分業型に軍配ぐんばいが上がると言えるかもしれません。

どちらも一長一短があるので、両方経験するのが良いでしょう。

私事わたくしごとで恐縮ですが、個人的には、心を許せる転職コンサルタントが専任してくれるのが好みなので、分業型が落ち着きます。但し、求人企業担当に確認が必要な場面が有ったりすると、少し物足りなさを感じることはいなめません。

一貫型[両面型]では、正に転職コンサルタントが求人企業に足を直接運んでいるので、求人背景や希望候補者像、将来展望など現実感リアリティのある話を聞かれることが多いです。

ただ、転職活動が良い感じで進んでいて、残念なことに選考落ちし次の案件が紹介される運びになった時、別のコンサルタントに交代バトンタッチすると一抹いちまつの寂しさがあります。

転職エージェントには既に複数登録済み

さて、転職エージェントに複数社登録していて、転職エージェントが当てになるのかという疑問が生じた場合です。

転職活動一般に求められる積極的姿勢

この場合は、転職希望者であるあなた自身をかえりみる必要があるかもしれません。

偶々たまたま、転職コンサルタントとの出会いに恵まれていない可能性もあるので、新たに転職エージェントに登録することもお勧めできますが、転職エージェントへの当てに仕方が間違っている可能性が有ります。

職務経歴書レジュメの作成サポートや非公開求人を含む求人案件の紹介など、至れり尽くせりの転職エージェントですが、お客様ぜんとして単に待っているだけでは、期待する転職支援は得られないでしょう。

転職市場が活況であればあるほど、転職コンサルタントは転職希望者をたくさん抱えています。積極的に求人紹介依頼など転職コンサルタントに関わりを持っている転職希望者の対応だけで、目一杯になってしまうこともあるでしょう。従って、して待つだけでは、不十分なのです。リマインダーではありませんが、そろそろ応募結果がでていませんか、と云った確認メールを送ることなどが大切なのです。

メールを見て、

あっ、連絡しなくちゃと思っていて忘れていた!

と云ったこともないわけではないでしょうし、あなたに紹介しようと思っているメールが送信未遂みすいになっているかもしれません。

時として、あなたのことを思い出してもらうための行動アクションが望まれるのです。

恐らくは、今の話を読み終わってしまえば、

なあんだ、ごくごく普通の話だ!

そう思うのではないでしょうか。

転職活動は特別なものでは無い

転職、転職活動、転職エージェント、転職コンサルタントと言葉が並ぶと、何か特別なことを想像してしまうのではないでしょうか。

転職活動は何も特別なものではありませんから、ごく当たり前の常識を働かせて、活動すれば良いのです。

そしてくれぐれも積極的姿勢、それも前傾姿勢を忘れずに!