会社を辞めたい!ロボットでもサイボーグでもないあなたにできること

ロボットでは無いあなたにできること

「会社に行きたくない」

たまにならそんな日があっても良いでしょう。

「毎日やる気満々で気合が入っている。会社に行きたくない日なんて無い!」

これは嘘っぽい。サイボーグではないのですから、多少の浮き沈みがあるのが人間らしいというものです。

でも毎日

会社に行きたくない!

としたら、何か手立てを考えるのも又、人間らしさというものです。

ロボットでは無いのですから。

ロボットでないあなたにならできること

「会社に行きたくない」

昨日も電車の中で考えていた。一昨日おとといもその前の日も。

もしかするとあなたはもうロボットかサイボーグなのかもしれません。

いや、サイボーグならば自分の異変に気付きそうだから、ロボットなのかも・・・・

あなたは嫌なこともいとわずに、来る日も来る日も通勤しています。

そんな芸当は人間ならとんでもないこと。だって機械にしかできないことだから。

電池が切れないうちに、元の人間に戻る方法をるのです。

転職活動は独りでやらない

結論は簡単です。あなたも既に分かっている通りです。あなたは転職することを望んでいます。ところがロボットになりかけのあなたには、ひとりで転職活動を完遂かんすいするのは難しいでしょう。

でもこれはさいわいなことです。

意外と知られていないようですが、転職活動は単独で行うものではありません。ひとりで何とかしようとすると、自分の都合マイペースで進められますが、視界が狭くなる上に、とどこおりがちです。視界を拡げるためにも、滞りなく転職活動を進めるためにも、独りで全てやろうとは思わないことです。

転職活動開始の初手しょて

話を進める前に、先ずは転職サイトに登録しておきましょう。この転職サイトは誰でも利用できます。大切なことなので、もう一度言います。誰でも利用できます

求人情報が満載で、ウェブサイト内から求人企業に直接応募できます。一方で、あなたの転職活動のパートナーとなるかもしれない転職エージェントからスカウトを受けることができます。

定期的にメールも届き、転職活動の気分も高まります。

転職活動のパートナー

さて話を戻します。先ず「誰でも利用できます」がなぜ重要かを説明します。転職活動での鍵を握る、先程、転職活動は単独では行わないと表現しましたが、そのパートナーともなるべき転職エージェントは、必ずしも誰もが利用できるわけでは無いからです。

誰でも利用できるわけでは無いというと語弊ごへいがあるかもしれません。正確に表現すると、転職エージェントが利用を申し込んできた転職希望者に紹介出来そうな求人を取り扱っていないと転職支援は十分に受けられないということです。

あなたに合わない転職エージェントに登録すると・・・

極端な例を挙げます。

製造業系のエンジニアが、ゲーム業界に特化した転職エージェントに利用登録したとします。

具体的な転職エージェントを挙げましょう。

製造業系のエンジニア向け転職エージェント

ゲーム業界向けの転職エージェント

ものづくりのエンジニアなら、前者に登録すれば良いのですが、後者に登録してしまったということです。

その場合でも、偶然に紹介出来る求人案件が有って、面談に呼んでもらえることもあるかもしれません。

※ 後者もゲーム業界に転職したい人には最高の転職エージェントなので、ゲーム業界に転職したい人は迷わず登録しておきましょう。(¶ ゲーム・CG・映像業界に転職

丁重なお断りメール

しかし通常であれば

ご登録いただいてありがとうございます

とお礼から始まって

残念ながら当社では差し当たりご紹介できる求人の取り扱いがありません

と続き

ご紹介できる求人が出てまいりましたら、改めてこちらからご連絡を差し上げます

と云った内容のメールが届くでしょう。

合わない転職エージェントに登録してしまうことはよくあること

合わない転職エージェントに登録した例としては非常に明確で分かり易いと思いますが、特化型ではなく総合型の転職エージェントでも多かれ少なかれこういうことは起こっています。

実際のところ、多少なりとも合わない転職エージェントに登録してしまうことはあるでしょう。少なくともあると思っていた方が精神衛生上良いのです。

やんわりお断りメールが来ることもあると分かっていれば、無駄に落ち込むことが少なくて済みます。

あなたに合う転職エージェントを探す

転職エージェントは転職希望者と求人企業の引き合わせマッチングをビジネスにしています。

クライアント企業つまり転職エージェントのお付き合いのある求人企業があなたの転職先候補ということです。転職エージェントにお付き合いが無いことには、紹介したくても紹介できません。

ですから、あなたが転職したい企業とお付き合いのありそうな転職エージェントに登録することは鉄則です。

非公開求人

ところが、お付き合いのある求人企業の一覧が公開されているわけではありません。これは転職エージェントの魅力の一つでもあります。つまり、おおやけにされていない求人情報、非公開の求人情報がたくさんあるということです。もっとも非公開にされていない求人の一覧も見ることはできないのですが・・・

いずれにしてもたくさんの公募されている求人、公開求人に加え、無数の非公開求人の取り扱いがあることも転職エージェントの魅力の一つです。

「えっ、当てずっぽうで登録するの!?」

匿名表示で公開されている求人情報を頼りに、転職エージェントに登録することも考えられますが、先ずはあなたが応募したい求人企業を取り扱っていそうな転職エージェントに登録するのが早いのです。

すると大手や準大手といった大規模な転職エージェントに登録することになります。また一方で、既にミスマッチの例として引いた特化型転職エージェントであなたの転職希望に合ったものが存在すれば登録します。

同時に最低3社は登録してください。3社は多いと思いましたか。本当は3社では少ないくらいです。少なくとも5社は登録したいところです。

予防策

転職エージェントに登録しても転職支援を受けられないこともあることは分かった。

でも、1社ずつ順番に登録して行くんじゃダメなの!?

こんな疑問を持つかもしれません。

あなたが強靭きょうじんな精神の持ち主で、やんわりお断りメールをもらっても、もしそれが続いても、「次、次」と転職エージェントに登録して行かれるのなら順番に登録して行っても結構です。

ここまで読み進めたあなたは既にあらかじめやんわりお断りメールがある可能性を知っていますから、寝耳に水ではありませんが、どのような形であれお断りメールを受け取ると、結構へこむものですよ。少なくとも私はそうでした。転職気分に水を差される恰好かっこうになるのです。

「えっ、でも転職エージェントを利用しないとダメなの?」

ここまでの話だと、転職エージェントを利用するメリットは単に対象とできる求人企業数が増えること、特に非公開求人の存在のように感じられるかもしれません。

非公開求人を含む膨大な取扱求人数

確かにこれは大きなメリットです。例えば業界最大手の転職エージェント ¶ リクルートエージェント では、¶ 最新の求人情報を見ていただくと分かるのですが、公開求人に比べ非公開求人は膨大です。

平成29年1月23日現在では、公開求人 29,984件 /非公開求人 131,780件となっており、非公開求人は公開求人と比べて圧倒的に多いのが判ります。

転職先候補数が増えるのは有難ありがたいことで、これ一つ採ってみても転職エージェントを利用するに足る理由です。

しかし転職エージェントを利用するメリットはこれだけではないのです。

転職よろず相談

何社も転職エージェントに登録し複数の転職エージェントの転職支援サポートの利用を開始したとしましょう。何人かの転職コンサルタントと面談を済ませていることになります。

するとキャリアプランの考え方や職務経歴書レジュメの書き方などおよそ転職に関わることなら何でも相談できます。

一歩も二歩も前進する職務経歴書レジュメ質的向上クオリティアップ

職務経歴書レジュメでは、添削指導や記載のアドバイスを受けて一回りも二回りも見映えが良くなります。

転職理由や退職理由など書きにくいのではないでしょうか。一通り書き上げたとしても、それで良いのかどうか。二通りの表現を思いついた場合どちらを採るべきなのか。応募先の企業によって使い分けるのが良いのかどうか。実際に転職活動を始めると、思いもよらない運命の分かれ道があることに気付くでしょう。

不安解消の拠り所よりどころ

そんな時、心強いのが信頼できる転職コンサルタントの存在です。

転職コンサルタントとの遣り取りの中で磨き上げられた職務経歴書レジュメで、意中の企業の書類選考を通過したら、面接についてのアドバイスをもらうことになるでしょう。求人企業の採用担当や面接官の癖など、必要な情報が提供されるのです。

特筆することがなければ問題はありませんが、何か注意事項が有る場合にはとても有効です。

面接が成功のうちに終われば、契約条件の交渉も支援してもらえます。

転職エージェントは一般に紹介者の年俸を基準に紹介料が決まるので、転職希望者であるあなたと利害が一致します。それに転職エージェントにとって顧客満足、つまりクライアント企業が満足することも大切な要素ですから、無理のない交渉が期待できるのです。

年収が高ければ高いほど良いわけではない部分も有りますから、その点も転職コンサルタント相談しておけば、あなたの意向を汲んで交渉してくれるのです。

ここまで話が進むと、単に幾つかの転職エージェントの利用を開始できれば良いわけでも無いこともお分かりいただけたのではないでしょうか。

信頼できる転職コンサルタント

どんな業種や業界でも言えることですが、専門家プロフェッショナルと言っても、水準レベル差があります。これはむを得ないことです。

転職支援サポートの利用で最高のパフォーマンスを得るのに必要なことは、適切な求人案件と信頼できる転職コンサルタントの存在です。両者が出会う幸運が有った時、あなたの転職は大成功を収めることができるのです。

ですから、転職エージェントに数多く当たることが必要なのです。それは、信頼できる転職コンサルタントと出会うためであり、あなたに相応しいピッタリの求人に出会うためでもあります。

必ず、両者が揃わなければ転職が成功しない訳ではありませんが、潜在的な可能性ポテンシャルはそんなところにあるものだと理解しておくと、転職エージェントへの登録の意義も可能性の大きさも感じられるでしょう。

ですから、転職エージェントには何社にも登録し、まずたゆまず転職コンサルタントとの出会いを求めて行くことです。

地道じみちにコツコツひたひたと進むあなたには早晩そうばん幸運の女神が微笑むでしょう。

転職エージェント紹介