閉塞感を覚えたら転職エージェントを訪問

閉塞感には新しい空気を

将来の見通しを失った時

閉塞へいそく感を覚えることはないでしょうか。

在職中であれば、

この会社でずっと働いていて未来はあるのだろうか!?

でしょうし、離職時などの転職活動中であれば、

転職活動は今のままで良いのだろうか!?

でしょう。

要するに、先行きに明確な展望がひらけていない状態の行き詰まりから、覚える気持ちが閉塞へいそく感です。

閉塞感には新しい空気

閉塞感を覚えた時、新たなる空気を送り込むのに有効なのが、他者(他人)と対話することです。

人生相談といった意味合いならば、友人と話すのも良いですが、職業相談といった意味合いであれば、転職コンサルタント※が最適です。

※ 転職コンサルタントは転職エージェントに居ます。相談も含め、一切の転職支援は無料です。

自分だけを見ていても始まらない

転職コンサルタントであれば、あなたの現状、つまり職務経歴(職歴)キャリアや持っている技術、技能スキル、ノウハウから、あなたの潜在せんざい的な可能性を探ることができます。

自分以外の要素

あなたの潜在的な可能性だけでなく、それに加え、転職環境、つまり転職市場の状況や動向を見極めることも必要です。

タイミング

仮にあなたが職務経歴キャリアや技術的背景から潜在せんざい的な可能性は有ったとしても、転職環境がいちじるしく悪い場合には、転職は待った方が良い、待った方が有利であるという結論を出すことができます。

逆に、あなた自身の潜在的可能性としては厳しいと見られるような状況でも、未曾有みぞうの売手市場であったり、その局面で、大量に人材を登用しなければならない企業が存在すれば、その時点でなら、チャンスがあるということも考えられます。

時機、つまりタイミングは無視できない要素です。

大切なことは、あなた固有の内的要因だけでなく、転職環境、求人環境と云った外的要因もあわせて勘案かんあんすることです。

内的要因と外的要因をバランスよく勘案かんあん

この2つを同時に勘案かんあんできるのが転職エージェントであり、転職コンサルタントなのです。

転職コンサルタントであれば、職業相談という意味合いでの相談は、基本的に可能です。

更に言えば、転職コンサルタントは、職業相談のプロであると同時に、様々な転職を見て来たヒトであり、経験して来た人でもあることも多いです。従って、人生相談の意味合いでの相談が可能な場合もあります。

これは転職コンサルタントだからというのではなく、職業相談を通じて、あなたが関わったヒトという意味合いです

人として

職場で友人ができることがあるように、転職コンサルタントと友人になることもできるわけです。

ですから、あなたの人間的魅力と転職コンサルタントの人間的魅力によって発生する関係性です。

必ず発生する種類のモノではありませんから、何人かの転職コンサルタントと会って見るのが良いでしょう。

出会いはどこでも良いが、転職なら転職系で求める

あなたが今、仕事や転職と云った観点で、将来を考えるならば、その分野にけた人と関わり、えんや関係を求めて行くことがかなっていると言うことなのです。

の人間を意識したい

現在では、何かに取り組む際に、取扱説明書マニュアルに従った行動を採りがちですが、の人間としての側面を大切にすることが転職成功の近道です。

忘れられがちなことですが、採用の決定に際して、募集要項の内容だけが重視されているわけではありません。

或る貿易商社に応募した福山さんは、後日、経理部長にこういわれたそうです。

今回の応募は1名の採用に60人の応募がありました。

あなたより経理向きの人や経験のある人はたくさんいたけれど、あなたを採用したのですよ。

採用プロセスの目に見えない要素

このように求人案件には、目に見えない要素がたくさん隠れているのです。

募集要項に沿った人材でも、何となく好かないだとか、嫌な印象があるなどと云うことで、採用に至らないこともあります。

転職コンサルタントとの面談は良いトレーニング

転職コンサルタントと良好な関係を築くことも良い訓練、練習トレーニングになります。

緊張を克服

人と会うこと、人と話すこと、面談すること、これらを恐れては、面接は覚束ないと云うことを意識することです。

初めての人に会うことは、少なからず緊張をもたらしますが、数をこなす上で自然体で対応できるようになります。

雑にならない

逆に営業職や販売職などで、接客慣れしている人は、逆に応対がざつになっていないかなどを確認すると良いでしょう。

面接では、接客などのテクニックよりものあなたの人間性が重視されます。

面接れしていますね。

仮にこのような評価を受けたとしたら、決して褒められたわけではありません。

面接での円滑えんかつな対応とは裏腹うらはらに、じつが無い、うす薄っぺらいという印象の婉曲えんきょく的表現であると疑った方が良いでしょう。

誠実な対人応対ができているかどうかの確認も含め、転職コンサルタントをたずな訪ねましょう。(¶ お勧め転職エージェント一覧