転職は縁でも幸運でも偶然でも確率でも何でも好い

母数を増やせ

転職活動では、転職の目的に忠実であろうとすればするほど、ストレスは溜まるものです。

在職中であれ、離職中であれ、転職先を確保しさえすれば、現状を変えるという目的だけは簡単に達成できます。適当に手を打つことは比較的簡単にできるというわけです。

一方で、転職の目的、既存路線でのキャリアアップや年収アップが目的であったり、職種転換、業種変更が目的であったりすれば、当然に難易度は上がります。お誂え向きの求人企業と出会って、採用内定を取得しなければならないからです。

転職先決定に当たって、様々な要件を満たさなければならないわけで、余程うまく行くのでなければ、応募→不採用や応募→辞退を何度も繰り返さなければならないでしょう。

希望する求人に出会うこと

転職先を決定するのに先ず希望に合った求人を見つけ出さなければなりません。

求人と出会う

リクナビNEXTDODA※と云った転職サイトで求人を見つけることもできます。

リクルートエージェントDODA※やJAC Recruitmentと云った人材紹介会社、最近では転職エージェントと呼ぶことが多いですが、に求人を紹介してもらうこともできます。

※ DODAが転職サイトと転職エージェントとで重複して名前が出ているのは、転職サイトと転職エージェントとを同じ窓口から登録できるからです。

転職希望と求人の適合性

希望に合ったと思われる求人に応募し、書類選考に無事通過。面接でも好感触で、求人の説明も予期した通り。求人企業に気に入られそのまま転職成功。

必ずしもというより、なかなかこのようには流れないのが転職です。転職活動を少なからず経験すれば分ることです。

募集要項が正しくない

首尾よく書類選考を通過し、面接に出掛けていったとしても、求人票に掲載された募集要項と実際が異なることは少なくありません。転職エージェントからの説明でも、多少はニュアンスの違いがあるものではないでしょうか。

ネガティブサプライズ

予期したよりも給与水準や給与提示が低かったり、希望職種ではあっても業務内容が期待と異なっているということも多々あります。同じ職種名が付けられていても、業務内容が会社によって異なったり、必要とされる資質・能力が異なることも多いのです。

仮に転職エージェントに登録し、転職コンサルタントによる紹介を受けていたとしても、求人票を頼りに求人企業に直接応募するよりは遥かに精度の高い情報が手に入りやすいものの※、決して完璧ではありません。

※ 勿論、転職コンサルタントのスキル次第です。よくぞここまで情報を押さえているものだと感動すら覚える場合もあれば、話と全く違うではないかと思ったこともありました。

少なからず試行錯誤は必要になると覚悟するしかありません。

求人企業と接する時は、ネガティブサプライズはあるものと心に留めておきましょう。失望は敵だからです。

縁でも幸運でも偶然でも確率でも

しばしば書類選考に通らないとか、面接がうまく行かないと云ったことを問題にしますが、それ以前に希望する企業と出会っているのかが重要です。

人によって、運という言葉はピンと来ないかもしれないのですが、縁でも幸運でも偶然でも確率でも良いのですが、あなたに相応しい適職との出会いを考えることが第一です。

そして、ゴールに届く出会いが1つあれば良いと云う事を忘れないことです。

何度か応募して失敗すると、絶望的な気持ちになることがあります。そんな時、助けになるのは得んでも幸運でも偶然でも確率でも、どんな因果でも良いからどこか1つ決まれば良いということを忘れないことが大切です。内定を幾つもコレクションする必要は無いということです。

1つうまく行けば良いということはどれだけ慰めになることでしょう。

転職活動で行き詰まった時、慰めになったことは、この1社から内定をもらいさえすれば良いということと、これまでの応募履歴や応募結果は、次の応募に全く影響しないということです。

下手な書類で応募してしまったこと、面接で間抜けなことをしてしまったこと、悔やまれることがあったとしても、次に応募する企業には何の影響も及ぼさないということです。

そう考えて、根拠は「縁を求めて」でも「幸運に出会うため」でも「偶然にまかせて」でも「確率的に考えて」でも良いので、出会いの可能性を高めるには転職活動の手数を増やすということになります。

ですから、転職サイトも転職エージェントにも手当たり次第にアプローチする。そしてあなたが就職してもいいなと思える企業を見い出す。

これに尽きます。

転職エージェント紹介
転職エージェントは実際に利用してみなければ、あなたにとって良いか悪いかは分からないことは転職成功の素の...