転職エージェント登録後の流れを押さえる

転職エージェント登録後の流れ

転職エージェントの利用の流れ

転職エージェントへの登録

転職エージェント[人材紹介会社]のウェブサイトから必要事項を記入し登録します。

速いところだと登録は1分、遅くとも5分は掛からないで完了します。

応募に至るまでの流れ

転職エージェントによって異なりますが、早ければ当日、遅くとも数日中にメールや電話で連絡が届きます。

転職エージェントによっては、早ければ当日連絡、出来る限り翌営業日中、遅くとも2営業日以内に連絡と迅速じんそくな対応を心掛けているところもあります。転職活動では「期限の不明な待ち時間」が、特に苦痛になることが多いので、とてもうれしい配慮ですね。翌日から3日以内くらいの連絡が一般的です。

転職エージェントからの連絡

転職コンサルタントから連絡を受けます。

転職コンサルタントとの面談・相談

転職コンサルタントとこれまでの職務経歴やスキル、そして転職の希望内容を対面又は電話でじっくり、しっかりと話し、最適なキャリアプランを一緒に考えます。

キャリアの棚卸し(職務経歴の整理)

職務経歴を整理します。プロフェッショナルであり、第三者でもある転職コンサルタントの目から、客観的に強み、弱みを整理していきます。

その結果、セールスポイントが明確になるだけでなく、自覚の無かった長所などが明確になり、職務経歴書レジュメの内容が豊かになります。

方向性の明確化(キャリアプランの確認)

将来像、キャリアプランが既に明確な場合は、その将来の可能性の広がりなどについて相談できます。

まだ明確な方向性が見えていない場合には、あなたのこれまでの職務経歴やスキルから見える可能性などについて相談し、将来の方向性を明確にしていくことができます。

どちらの場合も転職コンサルタントに相談してみてください。

求人案件の紹介

あなたの希望に沿った求人の紹介を受けます。

魅力の「募集要項+αプラスアルファ」の求人情報

求人案件の説明を受ける際に、募集要項についての詳細は去ることながら、求人背景や過去の実績、つまり転職エージェントが過去にその企業に紹介した転職者の声やその後の状況などについても聞くことができます。

募集要項から読み取れる以上の情報を得られること、募集要項について事前に質問でき、また客観的な意見をもらえることも転職エージェントを利用するメリットです。また仮に質問した内容について転職コンサルタントが知らないとしても、求人企業に照会しょうかいしてもらうことができます。

応募書類の準備

転職コンサルタントとの面談でもらったアドバイスや求人案件の紹介時に受け取った情報を元に、応募書類を作成します。

応募書類の作成は応募ごとに毎回発生

応募書類の準備は、基本的には応募案件ごとに発生すると考えてください。応募書類は、応募先に応じて作り変えるものです。なぜならば、求人企業によって、求められるポイントが異なるからです。

応募書類の添削・推敲

応募書類を作成したら、転職コンサルタントに添削してもらいます。求人企業の要望に沿っているか、あなたの持ち味がきちんとアピールされているかなどを確認し、応募書類を仕上げます。

転職コンサルタントからフィードバックがあったら、喜んで対応してください。フィードバックの積み重ねが、あなたの書類作成スキルを向上させます。不明瞭なことがあったらきちんと確認しましょう。

応募から就業まで

あなたが転職コンサルタントに応募の意思表示をすると、転職コンサルタントはあなたをより魅力的に見せる紹介状を添え状カバーレターとし、求人企業に応募書類を送ります。

応募の意思表示

求人案件の紹介を受けたなら、必ず明確に応募の意思の有無を伝達しなければなりません。

応募の意思表示の際に選考結果が出るまでの期間を確認

書類選考や面接後の結果待ちの時間というものはことほか長く感じられるので、応募の意思表示に際して、転職コンサルタントにどのくらいの期間を目処めどに、あるいは、いつ頃に結果がでるのかを確認しておくと良いでしょう。その頃に転職コンサルタントから連絡が無い場合に、様子伺ようすうかがいの連絡がしやすくなります。

転職コンサルタントは求人企業から聞いている目処を伝えてくれているので、転職コンサルタントも結果待ちの状態にあると言えます。従って、目処と聞いていた日日ひにちよりは、少し後に連絡するくらいが良いでしょう。

面接の日程調整や条件交渉は転職エージェントにお任せ

書類選考で無事通過すると次は面接になります。

転職エージェント経由で書類選考の合格率がアップ!

転職エージェント経由だと一般に書類選考の合格率(通過率)は高くなります。理由はいくつもありますが、まず転職エージェントという「コネ」が、信用を後押ししてくれることです。他にも、プロフェッショナルであり、第三者でもある転職コンサルタントの添え状があること、それに先だって準備した応募書類、特に職務経歴書の質が、段違いに向上していることなどが挙げられます。

面接の勘所についてアドバイス

求人企業での面接の特長や注意事項を聞くことができることがあります。求人企業の求める人材像などを確認できます。時に、採用担当や面接官の癖や特徴などを聞くこともあります。

入社の条件交渉も転職エージェントに

第三者である転職エージェントに採用条件を纏めてもらうことも大きなメリットです。言い出しづらい条件の交渉、入社日の調整など、確認しにくいことも含めて全てお任せできるので、きちんと詳細まで詰めてもらいましょう。

転職成功のアフターフォローも!

転職成功後も、転職エージェントと無関係になってしまうわけではありません。転職活動で力添えしてくれた転職コンサルタントとの関係は一つの財産とも言えます。

転職コンサルタントにとってもあなたの転職成功は実績であり、その後の就業状況や活躍に関心があります。転職成功後も、キャリアについての相談だけでなく、転職後の悩みなども相談してください。

転職エージェントの有用性|転職活動全過程に点在

いかがでしょうか。転職エージェントに登録したところから転職成功までの全過程プロセスを見てきました。

転職エージェントを利用することで、如何いかに転職活動が有利に進められるかを理解したのではないでしょうか。