転職エージェントの使い方|妥協なき転職

最善を尽くせ

新卒時には可能性ギリギリを模索した就職活動リクルートも、転職となると妥協という言葉がしばしば頭をよぎるようになります。

世馴よなれた」、「世間せけんを知った」と表現すれば、聞こえは良いでしょう。

ところが、その結果としてべかりし可能性を見過ごしてしまうとしたらどうでしょう。転職の重要性は、転職活動の重大性は、就職活動リクルートと少しも変わらないばかりか、むしろ勝るとも劣らないとも言えるでしょう。

それというのも転職活動の段階では就活しゅうかつに比べ、時計の針ははるかに進んでいます。その分だけ持ち時間は減っています。時間が経つにつれ、転職という将来を決める行動アクションの与える影響は、ますます大きくなって行きます。

後悔しない転職をする為に

転職活動では時間的制約がとても大きな課題となります。在職中での転職活動での、という意味では必ずしもありません。離職中でも同様です。

在職中では確かに、離職中に比べ転職活動の時間的制約は大きくなります。職務経歴書レジュメの作成、転職エージェントとの面談、応募企業との面接など、勤務時間外である空き時間をなんとかやりくりしなくてはなりません。

ところが、転職活動の時間的制約にはもう一つあります。

一度ひとたび採用内定を取得した場合、実際に就職するのか見送るのかを決断しなければなりません。

就職したいから応募したわけで、何か問題が!?

このように思うかもしれません。ところが現実の転職活動では、選考が順調に進みつつある最中さなかにも、新たにより魅力的にうつる求人が現れることは珍しくありません。選考の進捗しんちょく速度も求人企業によってまちまちです。

本命ほんめいの選考結果を待たずして、他の企業に就職するか否か回答しなければならないとても悩ましい状況も珍しくありません。

同時期に選考が進んでいれば、採用内定している企業に回答を待ってもらう多少の猶予ゆうよも得られますし、心理的にも余裕よゆうができます。ですから、できる限り同時期にたくさんの求人に応募し、同時並行して進めるのが有利に転職するための秘訣コツです。

先程、本命ほんめいという言葉を使いましたが、絶対的なものではありません。面接で企業から話を聞くなどして、新たな情報を得て、もともとはあまり興味のなかった企業に強く惹きつけられることもあります。

私事わたくしごとですが、乗り換え回数が多く、内定をもらっても行かないだろうと思っていたものの、何となく興味が有って、応募した企業がありました。

一次面接は、役員と担当部長で、印象は可もなく不可もないといった感じでした。

ところが二次面接です。初めに会長に会いました。会社の資本関係について聞いたことを記憶しています。それに加え、社長面接での注意事項とでも言いましょうか、オーナー社長である社長の性格などについて説明を受けたと記憶しています。要するにくせがあるけれども気にしないようにといった感じで、半ば採用を前提にした話といった感じでした。

元々、半分は冷やかしで受けた面接ですから、心理的にも余裕がありました。前職は退職済みで、貯金もあり、雇用保険の給付も受けられる予定でしたから、あせる理由は無く、むしろもう少しゆっくりしたいくらいに考えていました。

そのような心理状態の中、社長面接になりました。

現れた時から前傾姿勢といった印象で躍動感がありました。順風満帆で、乗りに乗った心理状態が、外観にもあらわれているといった感じでした。

話を聞けば壮大です。心が急速に惹きつけられ、ここで働きたいという強い思いを抱きました。

会長面接までのめた心理状態とは一転したのです。

急展開もありますから、できる限り可能性を試した方が良いのは確かです。

求人情報、つまり求人票に掲載されている募集要項は、一面的なものです。その一面性を補うべく転職エージェントから説明があるでしょう。しかしながら、やはり実際に会って話を聞くことに意味はあるのです。

応募に際しては、間口を拡げることが大切です。そして、実際に面接で足を運ぶ。書類選考は必ずしも全てが通過するわけでは無いでしょう。多めに応募することです。それも同時に。

その際に、有効なのが転職エージェントです。

転職エージェントの使い方

まず、応募するための候補である求人企業を紹介してくれます。

求人紹介

転職エージェントの公式ウェブページから利用登録をします。

続いて、転職コンサルタントから面談の案内が来ます。面談と応募書類、特に職務経歴書レジュメとで、あなたに紹介される求人は決まりますから、応募したい企業の希望をしっかりと伝えます。

続いて、転職コンサルタントからはあなたの希望に沿った求人を探し出し、紹介してくれます。詳細な求人の説明があるでしょう。あなたは、募集要項プラスアルファの情報が得られ、効率的に応募企業を選択できます。

職務経歴書レジュメの添削そして確認チェック

応募に当たっては、職務経歴書レジュメなど応募書類を確認チェックしてくれます。立て続けに数社分作成する場合などは、第三者、それも専門家プロフェッショナル確認チェックは心理的に大きな安心をもたらすことでしょう。

日程調整アポ取り

更に、面接の日程調整を担ってくれます。日程調整と言うと簡単に聞こえますが、他の求人案件との兼ね合いで、日程を遅らせたい場合など、転職コンサルタントが間に入り、ワンクッションできることはことほか、便利です。

契約条件交渉

転職コンサルタントが企業との間に入り、契約条件の交渉をしてくれます。企業に直接は話しにくい給与交渉などを代行してくれることは有難ありがたいことです。それに加え、契約に当たって、第三者に間に入ってもらっているという効能も無視できません。後に言った言わないでめることが避けられます。

転職エージェントは何社登録しても良い!

転職に際し、可能性を試し残さないようにできる限り間口を拡げる意味で、転職エージェントは数多く利用しましょう。

紹介される求人案件が増えるだけでなく、職務経歴書レジュメ品質クオリティが向上します。出会った転職コンサルタントの数だけ、盲点が消えると考えれば良いのです。

律儀りちぎなあなたは、転職コンサルタントが親切に転職支援サポートしてくれるのに感動して、この人経由で転職が決まらないと申し訳ないという気持ちになるかもしれません。

しかしながら、そういった心遣こころづかいは無用です。

転職コンサルタントからしてみれば、これまでお話ししたように転職活動といったものの性格を考えれば、同時並行で多数の応募を進めなければならないことは百も承知で、転職希望者はいくつもの転職エージェントを掛け持ちで利用していることは当然のことと考えています。

逆に、一人の転職コンサルタントに任せっきりの状態は、転職コンサルタントにとって過大な負担となります。

考えても見てください。

あなたの将来を一人の転職コンサルタントの双肩そうけんに託していることになるのですよ。

かつて非常に懇意にしてくれた転職コンサルタントがいたので、聞いたところ、

掛け持ちしてくれなければ困る!

と言い切っていました。そして掛け持ちが当たり前だとも。

転職エージェント紹介