転職エージェント選びは時間勝負、急げ!

転職は時間との勝負

転職事始を読んで、転職エージェントを利用することは、単に転職活動が楽になるだけだと感じたかもしれません。ところが、それに続く、職務経歴書は完成したと思うな!職務経歴書で企業を口説け!を読めば、転職エージェントに対する印象は大きく変わったことでしょう。

あなたがこれからまさに転職活動を始めようというのなら、直ぐにでも転職エージェントを利用しようと心に決めたことでしょう。

既に転職活動中で、まだ転職エージェントを利用していないのなら、少なからず焦燥感しょうそうかんや危機感を覚えたのではないでしょうか。

いずれにせよ、転職エージェントを利用しないことが、大きな不利となり、ライバルに大きく差を付けられることは、お分かりいただけたと思います。

転職エージェントを利用できるのに、利用しないのは大きなリスクです。

早く転職を成功させるために、転職エージェントをどのように選んだら合理的か考えて行きましょう。

転職エージェントに期待すること

転職コンサルタントに期待すること

転職エージェントに期待することは、あなたが、あなたを担当する転職コンサルタントに期待することでもあります。

  • あなたにピッタリの求人を探し出し、紹介してくれること
  • 応募を決心したら、採用内定に導いてくれること

それはこのふたつに集約されるでしょう。

もちろん、他にも期待することはあります。在職中ならば、円満退社のためのアドバイスも期待するでしょう。採用が内定したら、契約条件の交渉なども期待するでしょう。でもまず一番に期待することは、あなたと求人案件の的確な引き合わせマッチングと採用内定への適切な支援サポートではないでしょうか。

的確なマッチング

転職コンサルタントには、転職エージェントが組織の力で集めてきた、求人企業から預かってきた求人案件をたくさん持っています。それは一般に公開されている求人だけでなく、非公開求人独占求人(独占案件)も含め、たくさんの求人情報があります。そのたくさんの求人の中から、あなたにピッタリの求人を選び出して紹介してくれることを期待します。

応募のサポート

転職コンサルタントが的確てきかくなマッチングで紹介してくれた求人に、あなたが応募すると決めた時、内定を得るところまで導いてくれることを期待します。

ひとつには、求人企業の詳細な情報の提供、そして求人背景、それらを元に作成した職務経歴書の添削。さらには面接のためのアドバイスなどです。

書類選考通過率を向上させるために職務経歴書は質的に向上し、面接での合格率を高める為にアドバイスをしてくれるのです。

難易度が高い転職コンサルタントの仕事

転職希望者と求人案件の引き合わせと応募のサポートだけを見ても、難しい仕事であることはお分かりいただけるのではないでしょうか。

転職希望者ごとに、履歴書と職務経歴書、それと面談の内容から、その転職希望者にどのような求人を紹介するのが相応しいふさわしいかを見定めなければなりません。

その一方で、求人クライアント企業から依頼された求人の内容を、きちんと理解し、どのような人材が求められているのかを正確に把握しなければなりません。

両方がきちんと出来て初めて、マッチングは成立するのです。

転職コンサルタントごとに守備範囲は決まっているものの、業種や職種を跨るまたがることがほとんどで、必要とされる知識、経験はは広範こうはんわたります。

転職コンサルタント個人によるところが大きい

求人検索では、希望条件を入力し、システム(プログラム)的に推薦リコメンドされる求人情報は、あまり的確ではないと感じることが多いのではないでしょうか。転職サイトを利用して、既に体験しているでしょうか。

マッチングは人材紹介業の真骨頂

的確なマッチングが転職コンサルタントに期待されるのは、まさに人為的じんいてきに(人によって)行わなければ満足の行く結果が得られない部分だからです。転職希望者と求人の的確な引き合わせマッチングは、人材紹介業の真骨頂しんこっちょうを発揮する部分です。

そして、そのマッチングは、転職コンサルタント個人個人の能力・資質に依存するところが大きい部分でもあります。ですから、転職コンサルタントの全職歴を含めた過去の業務経験や業務知識そしてスキル、更には人間力によるところが大きいのです。

コンサルタントとしての合格と、あなたにとってのとは別物

注意が必要なのは、総じて粒ぞろいの転職コンサルタントが揃った転職エージェントであったとしても、あなたを担当する転職コンサルタントが、あなたにとって良い転職コンサルタントであるかは別です。

全般的に職務経歴書を読みこなし、的確なマッチングができる優秀な転職コンサルタントだとしても、あなたにとってどうかは別なのです。※

※ 優秀で平均が90点でも、100点もあれば、60点もあるかもしれません。苦手な分野は得意な分野で補っているのが常です。

あなたにとってという観点で見る限りは、全体で見ても意味は無いのです。

良い転職コンサルタントに出会えても十分ではない

転職コンサルタントは本当に様々です。幸運なことに、あなたにとって良いコンサルタントに出会えたとします。それでも、まだ十分では無いのです。それというのも、求人には限りがあるからです。

転職成功までに応募する企業数は意外と多い

ある転職エージェントから聞いたのですが、早く転職が決まった人で平均40社から50社に応募しているという話でした。転職成功までの応募総数は、業種や職種、職位や年齢などによって変わってくるでしょう。けれども、転職を成功させるために応募する求人は、いずれにしてもそれなりに数多くなりそうです。

応募総数が多くなるのは、選考から外されてしまうからという理由だけではありません。企業に嘱望しょくぼうされたとしても、あなたの気に入らなければ辞退して見送ることもあるわけです。

あなたと求人企業の双方が希望して初めて、就業することは決まります。転職エージェントに紹介されたからといって就職しなければならないわけではありません。採用内定をもらって実際に就職するかどうか決定するのはあなたです。

紹介したくても紹介出来ない

何社かの求人企業の紹介を受け、どのマッチングもぐんを抜いて素晴らしい。そういった転職コンサルタントにお世話になったことが何度かあります。

スカウトメールを機に知り合った転職コンサルタントからの紹介企業は、いつもドンピシャといった感じのマッチングでした。

この転職エージェントでは、転職コンサルタントが求人企業担当も務め、クライアント企業に実際に足を運んでいました。いわゆる両面型(一貫型)の転職エージェントです。

クライアント企業次第のところはあるのですが、面接の際には転職希望者と同席し、事後に面接での印象を伝えてくれていました。

とてもありがたく思い、できればこの転職コンサルタント経由で仕事を決められたらと思っていました。ところが、紹介の連絡がなかなか来なくなってきたのです。

意を決して改めて問い合わせてみると

紹介できる求人を探してはいるのですが、紹介出来そうなのは一通り紹介してしまいました。

うちくらいの規模だとなかなか数は集まらないのです。

提携している転職エージェントにも紹介を要請しているのですが・・・

こんなこともあります。

キッチリと転職希望者のプロファイリングはできている。しかし、それに合った求人案件が見つからない。そんな状況です。

プロファイリングがきちんとできているからこそ、ピントのずれた求人の紹介もないので、無駄はありません。

お付き合いする転職コンサルタントは数が必要

良い転職コンサルタントに出会ったも求人数が確保できなければ、転職成功までは導かれないことは理解できるでしょう。

優秀な転職コンサルタントと出会えば、職務経歴書の質は十分に向上します。何回か応募手続きを踏み、職務経歴書の添削を受けることで、独力でかなりの水準まで仕上げることができるようになるでしょう。それだけでも段違いの進歩です。

新しい転職コンサルタントとの出会いでは、新しい視点で添削してもらえることがあります。どれだけ回数を重ねても新たな気づきはあるので、素直な気持ちでアドバイスには耳を傾けてください。

転職活動は途切れると時間のロス

ところで、本題に入りますが、これまでにお付き合いのある転職コンサルタントからの紹介が途切れたら、もちろん再依頼の連絡はします。それと同時に、新しい転職エージェントとのお付き合いを考える時でもあります。新しい転職エージェントの求人データを当てにするというわけです。

転職エージェントを何社も掛け持ちして利用しても良いのかと思うかもしれません。転職エージェントの掛け持ちはまったく問題ありません。逆に、掛け持ちしないことで、転職コンサルタントに心理的に負担を与えてしまいます。転職コンサルタントにとって、あなたの人生を背負い込むことは大きな負担なのです。場合によっては、あなたの転職する意欲は弱いと見られてしまう可能性もあります。

転職活動は同時並行が原則

転職活動では、可能な限り同時並行で進めるのが望ましいのです。それは応募もそうですし、転職エージェントへの登録でもそうです。

理由は簡単です。ひとつずつ順を追って進めることはできません。応募する企業が2社あるとしましょう。一社は淡々たんたんと進み、採用内定。もう一社は遅々ちちとして進展せず。書類選考の結果すらまだ出ていない。このような状況では、多少なら内定をもらった企業に待ってもらうこともできましょうが、もう一社が更に時間がかかるようならば、内定取得の企業に就職するか、辞退するか選択しなければならなくなってしまいます。

転職活動では、ある程度の期間内に、心を決めなければならないのです。学生の就活と違って、採用内定をいくつも集めるコレクションすることはできません。

スタートダッシュ

転職活動を本格的に始めると決めたら、一気に活動するのがコツです。転職エージェントも同時期にできる限りたくさん利用することです。

特に離職中は、離職期間が長いと不利になり易いので、短期決戦を期して、転職エージェントにはまとめて登録します。そして求人企業を紹介されたら同時並行でたくさんの企業に応募していきます。

希望順位は暫定

2社に応募したとして、第一希望と第二希望と順序付けたとしましょう。希望順位はあくまでも暫定的ざんていてきなものと位置付けた方が良さそうです。面接時の話で、応募企業のことを良く知ることとなり、また応募した職の将来展望などが見えることで、気持ちが変化することは珍しくないからです。

後悔しない転職の為には急ぐ

いずれにしても、手近にある求人は、スピーディに進めた方が、選択肢は広がります。どこかで採用内定が出れば、就職するか、辞退するか決めなければなりません。興味のある企業の応募結果は、できるだけ早く出るように活動しないと後悔することになります。

転職エージェントの選び方

転職エージェント、転職コンサルタントに期待する役割、転職活動の特性を理解すると自ずと転職エージェントの選び方は決まってきます。

公式ウェブの情報で十分

結論からいうと、気になる転職エージェントがあったら、早々に転職エージェントの公式ウェブサイトを閲覧し、登録することです。

必要な情報は、公式ウェブサイトで十分に得られますし、それ以上の情報を望んでも、それは実際に利用してみなければ分からない部分だからです。

ハッキリと言えることは、口コミ情報やランキング情報を読んでいるだけ時間の無駄だし、そこから得られる情報は、実際に転職エージェントを利用したら、間違いなくまったく無駄に時間を過ごしたと確信するレベルのものであるということです。

口コミ情報やランキング情報を読んでいる時間が有るならば、少しでも早く転職コンサルタントに会って、転職活動を進めた方が良い結果が得られることは間違いないということです。

転職コンサルタントに会ってみなければ分からない

転職エージェントを評価してもあなたの転職活動にはまったく関係ないことだし、あなたの転職に関係のある転職コンサルタントは、あなたが実際に会って見ないことには何とも言えないのです。

では実際に転職エージェントを選んで登録しましょう。

お勧め転職エージェント一覧