初めての職務経歴書【実は重要な七変化】

職務経歴書はプレゼン資料

職務経歴書レジュメは、個別の応募企業へのラブコールであって、あなたが直接企業に対して行うことのできる唯一のアピール手段であることを、職務経歴書で企業を口説け! の中でお話ししました。

初めての職務経歴書【実は簡単叩き台作成】 では、個別企業向けに応募書類、特に職務経歴書を作成するために必要な情報、データーベースとしてのたたき台の重要性や必要性についてもお話ししました。

職務経歴書を作成するに当たって、たたき台を作成することで、あなた自身の魅力を余すことなく伝えることを可能にします。

「職務経歴書へ盛り込めば有利になる内容」を職務経歴書の作成段階で、失念しつねんらしてしまうことが避けられます。最終稿の推敲すいこう時に、改めて照らし合わせ、職務経歴書へ盛り込むべき項目に漏れはないかを確認するためのチェックシートの役割も果たしてくれるからです。

職務経歴書の七変化しちへんげ

職務経歴書の作成に入ります。

職務経歴書の目次

職務経歴書の叩き台を募集要項の内容に照らして、盛り込むべき内容を選択していきます。

経験した仕事の大枠おおわくは、ほぼ全て盛り込むことになることが多いと思いますが、その詳細部分はどこに焦点を当てて記載するのが求人企業の希望に相応ふさわしいか[合っているか]を検討していきます。

その際、内容ごとに軽重けいちょうを付ける意味で、何か印を付けて行っても良いでしょう。詳細に書いていきたい内容には◎、軽く触れるにとどめるものには△を付けるなど、自分に分かる印を付けておくと便利です。

活き活きとしたビビッドなストーリー

職務経歴書に盛り込む内容を拾い出したら、職務経歴書の体裁ていさいに整えて行くわけですが、その際にまずは、自分が対面で説明している場面、口頭で伝えている場面を想像します。そして口頭で説明しているイメージで職務経歴書を書いていきます。この段階では、字数じすう文体ぶんたい不問ふもんです。あなたの職務経歴をストーリーに仕立てるのが目的です。

職務経歴を生き生きとした一貫性のあるストーリーにまとめましょう。紆余曲折うよきょくせつがあっても良いのです。ただその場合は、職務経歴書の読み手が納得できる必然の糸でい合わせましょう。あなた自身が主観的に、どう考えてこの職務経歴になったのかを伝えることが目的です。なぜそのストーリーになったのかが分からないと読み手に不信の念が生まれるからです。

職務経歴のストーリーは読み手にとってはらに落ちるものでなければなりません。

面接はプレゼンテーション

職務経歴を単なる経歴の羅列られつにしてしまうと、書類選考は勿論もちろんのこと、いざ面接時に、あなたが説明を求められても一貫性のあるストーリーでプレゼンテーションすることができません。

面接は、試験というよりは、プレゼンテーションの場とイメージした方が良いでしょう。かしこまって無難ぶなんに終わらせるのではなく、あなたの魅力をアピールする場としてのぞむのです。

そうすると用意する職務経歴書もよりプレゼンテーションを意識したものとなり、単なる職務経歴の羅列られつとは違ったものに仕上がるでしょう。

職務経歴書の七変化しちへんげ

応募する企業ごとに異なった募集要項があり求人背景がある訳ですから、アピールポイントが変ってくるのは当然の事です。

転職エージェントからの紹介求人では、求人背景といった募集要項+αプラスアルファの情報が加味され、より精度高くアピールポイントを攻められます。これは、他の候補者に抜きん出るための優位性の源泉の一つとなります。

職務経歴書は叩き台から求人企業の希望・求めに応じて変容へんようする正に職務経歴書の七変化なのです。

職務経歴書を校正・推敲で磨き上げる

応募企業に合わせたストーリーで職務経歴書を書き上げたら、今度は、字数、文体、ページ数を意識し書き直し[rewriteリライトreviseリバイス]して行きます。

単語の選択にも注意を払ってください。意図していない内容や印象を与えてしまわないよう留意してください。

職務経歴書が一通り完成したら、今度は入念に推敲すいこうです。誤字脱字にも注意してください。誤字脱字はことほか印象を悪くします。

使い慣れない単語などは使用しないことです。常日頃から使い慣れた言葉の中で、最大限丁寧な言葉を選ぶのが良いでしょう。間違った言葉遣いは失笑しっしょうを買うだけです。使い慣れない言葉を使っていることは見る人が見ればぐに分かります。

専門家・転職アドバイザーによる第三者チェック

完成させた応募書類は転職コンサルタント[転職アドバイザー]に見てもらいます。見てもらえば、何らかのフィードバックがあります。

私事わたくしごとですが、リーマンショック、東日本大震災と続いた転職氷河期に転職活動をしたものですから、何十件と応募した経験があります。

求人案件の絶対数が少ない状況下、自分には必ずしもピッタリと思われない求人であったとしても応募せざるを得ない状況でした。業種や職種も様々なので、否応なく応募先企業ごとに職務経歴書の書き換えが大幅に必要でした。

当初は転職コンサルタントから応募書類の書き方で色々と指摘を受けました。時として部分的に書き直しリライトしてくださった親切な転職コンサルタントも居りました。

その結果、現在ではほとんど修正不要な水準まで応募書類の作成技術は高まりました。それは何十件もの応募書類を作った経験からです。

職務経歴書の作成技術が向上したとしても・・・

何十人の転職コンサルタントに添削してもらったとしても、ハッと気づかされる指摘を受けることはあります。

転職コンサルタントによっても、重く見るところは異なりますし、気にするところも異なるからです。

従って、転職コンサルタント同士がお互いの職務経歴書をチェックし合ったとしても、お互いに筆が入る部分は必ずあるでしょう。完璧を期すのはとても難しいことなのです。

盲点を無くし、自信を持って応募・面接にのぞむためにも第三者による確認は避けられません。

ですから応募書類作成の力量りきりょうがどんなに向上し、十分と感じられたとしても、専門家である転職コンサルタントに意見を求めることは有利な転職につながります。(¶ 書類選考通過率アップの秘訣を知る転職コンサルタントに相談したい!

コンサルタントの意見を尊重、しかるに最終判断はあなた自身

勿論もちろん、最終判断はあなた自身がしなければなりません。指摘の通りに反映することもありますし、原案の指摘箇所での記載意図を転職コンサルタントに説明し、原案のまま完成させたこともあります。

応募書類が一定の水準まで仕上がれば、今度は質の違いではなく見解の相違にもなり得るということです。それは転職コンサルタントと忌憚きたんなく意見を交換すべき場面です。