転職エージェントは効果絶大/不利益は皆無

転職エージェントはメリットのみデメリットは無し

転職エージェント-メリット大のデメリット無し!

先ず何かを利用しようと考えてたときに頭をよぎるのはお金についてでしょう。一体いくらかかるのか?

転職エージェントの利用は一切無料!

「転職エージェント(人材紹介会社)の利用は全て無料です。」と言われても、にわかには信じがたいですよね。うまい話には裏があるのがつねですから、疑うのは当然です。

転職エージェントの経営はどのように成り立っているのか、それがなんとなくでも想像できれば安心できるでしょう。

「転職希望者は、転職エージェントの利用が全て無料です」と言われれば安心できるでしょうか。転職エージェントは求人企業が支払う紹介料で成り立っているのです。金銭面での不安は、まず解消です。

続いてもう一つ。「求人企業がクライアントとしてお金を払っているとすると、求人企業寄りに働くのでは無いだろか?」これももっともな不安です。

こちらも心配要りません。転職希望者が無事に就業して勤務を継続してくれないと、紹介料を巡ってのリスクが発生します。ですから、転職エージェントにとって転職希望者の満足は必要不可欠なのです。

従って、転職エージェントにとっても、求人企業と転職希望者双方の希望を満たすよう引き合わせマッチングを行うことが必須なのです。信用の問題にも関わりますしね。

ですから安心して転職エージェントを利用できるのです。

転職エージェント活用のメリット

転職エージェントの評論家になるわけではないので、転職成功に実効性が高い内容に絞ってお伝えします。

非公開求人へアクセスが可能に!

公募、つまり一般に公開されている求人情報は、誰もが閲覧することが可能です。例えば、新聞の求人欄、求人雑誌、フリーペーパーに掲載されている求人情報やインターネットで検索すると出て来る求人情報などです。

一方で、公募されていない求人情報、非公開求人というものがあります。何故、求人があるのに公にしないのか・・・理由は様々です。例えば、競合企業(ライバル会社)に秘密裡に新しいプロジェクトを立ち上げるためのメンバーを集めたいとか、総務本部長が退職するので、社内外の動揺を避ける為に、事前に後任者を探しておきたいなどです。

応募書類の品質と完成度が格段に向上!

作成した書類を自分だけで推敲すいこうすることに不安を覚えたことは無いでしょうか。一般的に専門的な内容になればなるほど推敲すいこうには人を選びます。誰でもできるわけではないのです。

自分だけで職務経歴書レジュメ作成に取り組んでいると、ひとがりに陥ってしまったり、思い込みから盲点ができてしまったりします。第三者に見てもらうのが一番ですが、応募書類は得てして専門的な内容になりがちです。そんな時、転職コンサルタントが強い味方になってくれます。

私も転職コンサルタントには随分と職務経歴書の作成では力を借りています。

書き換えた方が誤解が少ないです。

というものや

もっと掘り下げた方が、人事担当に解りやすいですよ。

といったものなどです。中には、部分的に書き直しリライトまでしてくれた転職コンサルタントもおりました。

かなり完成度の高い職務経歴書を作り上げたと自負じふしておりますが、それはひとえにたくさんの転職コンサルタントがサポートしてくださった御蔭おかげです。

意識していない自分の強みが認識可能に!

面談や作成して提出した職務経歴書などを通じて、

こんな強みがあるのではないですか。

とか

これは特技と言って良いのではないですか。

といった質問やアドバイスをしてくれることもあります。

特に、仕事の出来る人にとって「出来て当たり前」、「できるのが普通」と思って書かないことが、書かないとできないと看做みなされる恐れのあることである場合があります。

応募書類は他部署の人が見たり、トップ層が見たりするので、応募部署にとっての常識は必ずしも通用しないのです。知っているが故に発生してしまう盲点の解消にも役立ちます。

また、思いもよらぬ応募業種や応募職種が現れるかもしれません。

あなたの経験とスキルなら、こんな職種も考えてみてはいかがですか?

お話を伺っていると、こんな仕事にも興味をお持ちではないかと思うのですが・・・

と提案を受けることもあります。もちろん、反対に、あなたの方から、自分が応募してみたいけれども、現実的かどうか分からないでいる業種、職種について、相談してみることもできます。

自分に代わって応募企業にメッセージを伝達!

転職エージェントはあなたに代わって求人企業に応募書類を提出してくれます。その時、転職希望者のことを紹介します。この時、転職コンサルタントという第三者の言葉で情報を伝えることができるのです。自分が直接応募するときには、添え状カバーレターを書くと思いますが、それが第三者の作成したものに置き換わることが大きなメリットとなります。

私は応募書類の最終稿を転職コンサルタントに送る時、転職コンサルタント宛てのメールの中に、転職コンサルタントが応募企業宛に書く添え状の材料になりそうな材料[情報]を付け加えるようにしています。

募集要項以上の企業情報を入手可!

先ずは求人情報をもらう段階で、募集要項以上の説明、紙面にある以上の情報をもらえると思います。また、自分からも転職コンサルタントに求人企業について知りたい情報を照会できます。

私が特に重視しているのは、求人背景です。新たなる募集なのか、現職が居ての後任なのか、前任は退職済みでの補充なのかなどなどです。

転職エージェントがどこまで掴めているかに拠りますが、業務内容と求人背景を重ね合わせると見えるものがあります。

転職エージェントを使わない?ナンセンス!!

以上を簡単に纏めると

  • 応募先候補の増加
  • 応募書類の品質、完成度の向上
  • 盲点の消滅(又は減少)
  • 追加メッセージの委託
  • 追加情報[行間、チラシの裏]の入手

となります。

ちょっと簡潔に纏めすぎた嫌いもあるので、上の説明はちゃんと読んでくださいね。

転職エージェントを良く理解して利用すれば、あなたの転職が成功に向かって大きく前進しますよ。