エージェントは優秀な人だけの、という誤解

転職に自尊心は不可欠

転職エージェントは優秀な人だけのものという誤解があるのではないでしょうか。

転職エージェントを正しく理解しよう!

転職エージェントというとどうも一般的にはヘッドハンティングという言葉を想起するようで、エグゼクティブ・サーチ型と呼ばれる人材紹介会社を思い浮かべてしまうようです。

エグゼクティブ・サーチ型だけではない

エグゼクティブ・サーチ型の転職エージェントであれば、転職エージェントは優秀な人だけが使うものという理解もあながち間違いとも言えないのですが、これは優秀の定義にもよるでしょう。

転職成功の素で紹介している転職エージェントは一般登録型と呼ばれる転職エージェントです。転職エージェントとは何かで転職エージェントのタイプについてお話ししています。

誤解が招く機会損失

上掲じょうけいの「転職エージェントとは何か」の中でも触れているのですが、海外では4人に1人が転職エージェント経由で転職しているとのことです。日本ではまだまだ転職エージェントの認知度が低いので、転職エージェント経由での転職が相対そうたい的に少ないのが実情です。

もったいない・もったいない・もったいない

これは、転職エージェントが一部の優秀な人だけのものでなく、ごく一般に開かれたオープンなものであるにもかかわらず、転職エージェントと言えば、エグゼクティブ・サーチ型を連想れんそうするために、転職エージェントが十分に利用されていないということを意味します。転職希望者にとって非常に勿体無もったいないことです。

転職エージェント登録・活用のメリット

転職エージェントへ登録・活用[利用]のメリットは大きく分けると

  • 転職希望者のあなたを等身大に見えるように支援してくれること
  • あなたに相応しい求人[求人企業]を紹介してくれること

の2つになります。

要するに、等身大のあなたを表現できるように支援し、等身大のあなたを必要とする企業と引き合わせてマッチングしてくれるということです。

転職エージェント活躍の舞台

そして、あなたと求人企業と転職エージェント自身の三者がWin-Winウィンウィンならぬ、Win-Win-Winとなる関係を創り出すのが転職エージェントの役割です。もちろんそれだけでなくあなたが適材適所で貢献できることは社会にとってもWinのはずです。

転職エージェントの活躍の場は、転職希望者と求人企業の引き合わせマッチングが必要な場ということになります。

人材(人財)の供給状況

求人企業が転職エージェントに予算を取れる採用活動が転職エージェントの舞台ということになります。それは人材のあふれている業種、職種と不足気味の業種、職種では事情が異なってきます。

以下、少しの間、該当がいとうしない業種・職種の方にはいささか退屈かもしれませんが、骨子こっしは参考になるので、流し読みで結構ですから、お付き合いください。

ゲーム業界・webアプリ業界の事例

IT業界、特にゲーム業界、WEBアプリ業界に注目してみましょう。

現在活況のゲーム業界やWEBアプリ業界では、PerlやPHPの経験者が欲しい状況です。

PerlやPHPの経験者であればいうことが無いのですが、PerlやPHPは近年のウェブアプリケーションの普及で注目を浴びている言語なので、技術者の絶対数が不足しています。

このような背景では、CやC++といった他の開発言語の経験者に対する引き合いにも繋がります。CやC++といった他の開発言語や開発環境の経験は、COBOLなど主として大型汎用機を対象とするSE(システムエンジニア)やPG(プログラマー)に比べ、順応が容易だろうという判断です。それが求人需要に繋がります。

C/S(クライアントサーバー)系のソフトウェア開発では、少なくともハードウェア(PC)やOS(オペレーションシステム)は共通・類似しています。開発技術だけでなく開発環境への適合も大切なのです。

以上のゲーム業界・WEBアプリ業界のように転職市場の状況で、そのものズバリのスキル・経験でなくとも引き合いがあり応募できる可能性、転職エージェントにマッチングしてもらえる可能性があるということです。

希望勤務地が一都三県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)であれば、お勧めです。

20代・30代・40代・50代が対象

経験を問わず、IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を志望する方が対象

どうしてもゲーム業界で働きたいなら、登録必須

今なら間に合います。

    

猫の手

転職市場の状況次第で「要求される経験」も「優秀さ」も異なります。人材の飽和ほうわ状態にある転職市場と枯渇こかつ気味の転職市場では、条件面を含め諸々もろもろが変化することは理解が難しくはないでしょう。

優秀か優秀でないかの評価は流動的

優秀な人材とそうでない人材の境界線は、転職市場の状況如何いかんによって変わりますし、そもそも明確なラインは無く曖昧あいまいなのです。

求人需要ニーズは、刻一刻と変化しますし、求められすスキルや経験も変化します。

捨てる神あれば拾う神あり

そもそも人に対する評価は一意に定まるものではありません。

そもそもあなたの評価を工業製品のように仕様スペックでベンチマークを取っての絶対的なスコア化は出来ませんし、そのような試みは拒むべきでしょう。

転職に適度な自負は必要

あなたが、自分を「私は絶対に『優秀でない』」と断言するような人でないなら、優秀で無いという評価は一切拒むのです。勿論、拒めず自分で自分を「絶対に優秀でない」と受け入れてしまう自尊心じそんしんの無い人は転職エージェントは無縁でしょう。

適切な自負と誇りを持ってのぞむあなたを、転職エージェントは転職支援してくれます。転職活動に自尊心は不可欠です。

自尊心とチャレンジ精神を持って転職にのぞむことが転職成功のもとです。

さあ、自信を持って!