管理系スペシャリストはMS-Japanを選択

バックオフィスを熟知

  • 企業の本社機能を担う管理部門(経理・財務・人事・総務・法務・経営企画等)
  • 会計・法律事務所および監査法人

これらの経験者が転職エージェントを利用するなら、先ずはMS-Japanです。

無料のプレミアム転職サポート

転職希望者のプロファイル

職務経験、勤務経験などが、以下のどれかに当てはまれば、MS-Japanの無料のプレミアム転職サポートの対象者ということです。

職種経験
  • 経理・財務
  • 人事・総務
  • 法務
  • 経営企画
勤務経験
  • 会計事務所
  • 監査法人
  • 税理士法人
  • 法律事務所
ライセンス
(資格)
  • 弁護士
  • 公認会計士
  • 税理士
  • 税理士科目合格者
  • 弁理士
  • 米国公認会計士(USCPA)
  • 社会保険労務士

幸いにして、転職支援のスペシャリスト集団であるMS-Japanのサポートを受けられれば、転職活動は効率良く進むでしょう。

  • 経理・財務・人事・総務・法務・経営企画など管理部門系職種のいずれかでの業務経験を持つ
  • 会計事務所・監査法人・税理士法人・法律事務所など税務会計系法人や事務所、あるいは法律事務所での勤務経験を持つ
  • 自らがスペシャリスト(専門家)である

そんなあなたが、バックオフィス、事務・管理部門の職種での転職を考えるに当たって、MS-Japanは最良の選択なのです。

ところで、改めて考えたいのですが、転職エージェントや転職コンサルタントに求めることは一体なんでしょうか。

転職エージェントがしてくれること

転職を成功に導いてくれること。

当たり前すぎますが、本音ですね。

マッチング

その為に必要なことは、的確な求人を紹介してくれること。つまりマッチングの精度を求めます。

マッチング
あなたと求人を引き合わせること。

マッチングし、応募したい求人を紹介してくれたとしたら、あなたは応募を決めるでしょう。そして転職コンサルタントには応募の意向を伝えますね。

選考突破率の向上

ここで、書類選考の通過率を高めるのも、転職支援の一つです。そして、これも転職コンサルタントの腕の見せ所です。

転職コンサルタントは、募集要項などで公開され、オープンになっている公式情報に加え、非公式な情報、インフォーマルな情報(いわゆる耳打ち情報などですね)を駆使して、選考基準の勘所を押さえるでしょう。それを反映するために、職務経歴書(レジュメ)を添削してくれます。

書類選考を通過すれば、続いては面接。

面接に際して、面接官に癖、つまり注意して置く点などがあれば、予め(あらかじめ)知らせておいてくれます。踏まなくて良い地雷を前もって知って置くことができ、合格率は俄然(がぜん)高まります。

面接を合格し、無事内定。早期内定奪取のために時として、求人企業に決断を迫るなどし、プッシュしてくれます。

引く手あまたの候補者ですから、のんびりしていると他所(よそ)で決まってしまいますよ。

と云った具合にクロージングを掛けることもあるでしょう。

契約条件交渉

そして条件交渉。

自分からは言い出し難い(いいだしにくい)こと、言い難い(いいにくい)ことなど、間(あいだ)に入ってうまく交渉してくれます。

条件が決まったら契約。

晴れて入社です。

さらっと転職エージェントの魅力を流しましたが、転職エージェントの魅力は去ることながら、管理部門特化型転職エージェントであるMS-Japanの魅力は未だ語り尽されていません。

転職支援は難易度が高い仕事

さらった説明したように全部が実現すれば、何の苦労もないのですが、転職支援というのは殊の外(ことのほか)難しい仕事です。難易度が高いのです。

理由は、転職希望者という人、それも様々な職務経歴やスキルを持った人と求人案件、様々な背景を持った企業などと的確にマッチング(引き合わせ)しなければ、双方が不幸になります。

転職希望者にとって、求人票や募集要項を見ただけでは、実際のところが分からないのと同様に転職コンサルタントにとっても、クライアント企業担当からの情報を得てはいるものの、きちんと把握するのには、高い能力と経験が求められるのです。

転職コンサルタントは少なくとも、業種や職種に精通しており、実際に求人企業が望む候補者像を描きださなければなりません。その一方で、転職希望者の職務経歴を読みこむことができ、転職希望者像もきちんと描けないといけないのです。ですから、転職コンサルタントは高いスキルが求められるのです。

すべて無料のプレミアムな転職サポート

MS-Japanの転職支援

MS-Japanの公式ウェブサイトによれば

MS-Japanは、管理部門特化型エージェント№1として多くの評価を頂いております。

経理・財務・人事・法務などの管理部門、公認会計士・税理士などの会計業界、企業法務・弁護士・弁理士などの法律領域に高い専門性をもつキャリアアドバイザーがしっかりサポート致します。

とあります。

実際のところ、業界について、業務について、スキルについて深い知識・造詣がなければ、あなたの職務経歴、転職希望者のレジュメを読み込むことはできません。

MS-Japanがプレミアムな転職サポートと謳っているのは、単に言葉遊びでは無く、高い知識・スキルを持った転職コンサルタントによる支援を言っているのです。管理部門に特化していることで、より専門的な知識・経験を集積することに成功しています。

一方で、転職コンサルタントに求められるものは、高いスキルや能力だけではありません。仕事に対する高い責任感や倫理観も同時に求められます。

スキル・能力面とパーソナルな面、双方が両立してのプレミアムな転職支援なのです。

プレミアムではない転職支援

どういうことかと言いますと、転職コンサルタントがあなたの職務経歴やスキルを理解してくれたとして、マッチングを好い加減にしたり、他の転職希望者と比較して小馬鹿にした態度をとったりしたらどうでしょうか。適切な転職支援は実現しそうにありませんね。

一般に転職エージェントに登録して面談に赴くと、話の通じない転職コンサルタントやコミュニケーション能力に疑問を持つ転職コンサルタントに出くわすことが少なくありません。

転職エージェントには複数登録すべしと言われる背景には、当然に、応募求人数を確保する意味合いもあるのですが、転職コンサルタントに外れるリスクも含意(がんい)しています。

何人もの転職コンサルタントと関わっていると、「私の職務経歴を本当に理解してくれている!?」と感じることは少なからずあります。

一方で、

よくぞここまで特殊な事情を理解し、ピッタリの求人を紹介してくれました!

と感じることもあります。

プレミアムなMS-Japanの転職支援を体験

MS-Japanは当然、後者の例です。

MS-Japanに登録しての実体験からお話ししますと、私を担当してくれた転職コンサルタントは、とても親身になって話を聞いてくれました。リーマンショックやそれに続いた東日本大地震で迎えた転職氷河期での苦労話に共鳴・共感をもって応えてくれたのです。

結果として、転職先に恵まれず転職歴が増えてしまったことなども十分な理解をもって聞いてくれたので、話は長くなってしまい持ち時間延長となりました。

11時開始の面談だったと記憶しています。12時半過ぎになってしまい、次のアポが迫ったことで、面談は終了となりました。昼食時間を奪ってしまったと申し訳ない気持ちで、帰路についたことを今でもよく覚えています。

その後、求人紹介を受けた際などでのメールでのやりとりも、極めて迅速で、ともすると不安になりがちな転職活動でとても有難く思いました。

ですから次にに転職する時には、MS-Japanをまた使いたいという気持ちが良く分かります。

あなたもMS-Japanに今すぐ登録です!


株式会社MS-Japanは、1990年創業の管理系に特化した人材紹介会社です。

MS-Japanの特徴は、企業の本社機能を担う管理部門(経理・財務・人事・総務・法務・経営企画等)や、会計・法律事務所および監査法人に特化した人材紹介を行うこと。

創業から25年以上に亘り、数多くのマッチングを実現。管理部門特化型転職エージェントとして業界実績No1の圧倒的なポジションを確立。

創業以来、築き上げてきた大手・外資・ベンチャー・金融機関等の1万5千社以上の管理部門のネットワーク、そして、2千以上の国内外トップクラスの会計・法律事務所のネットワーク。

この独自のインフラこそが強みです。