オン・オフの確保で積極性のオーラを放つ

前傾姿勢が与える迫力

前傾姿勢が与える迫力!

転職はあなたの人生を大きく変化させます。ですから一度転職活動を始めると、寝ても覚めても転職のことで頭が一杯といった状況になりがちではないでしょうか。

就業中であれ離職中であれ、心が支配されてしまうのではないでしょうか。

転職活動に集中し過ぎるのは良くない

過ぎたるはなお及ばざるがごとしとは良く言ったもので、転職に心が向きすぎても良い結果をもたらしません。

意識が何かに集中し過ぎると、視野が狭く偏狭へんきょうになり、状況の把握はあくや判断でバランスを失いがちになるからです。具体的には悲観主義に陥ったり被害者妄想を抱いたりすることです。

自分では変化を起こせない状況、つまり待たなければいけない状況で、転職のことばかりに意識を向けていれば、心が参ってしまい、精神状態を悪くしてしまうのです。

メンタルヘルスを維持するために、オン・オフのオフが必要です。

安心してオフに入るには

オフが必要だから転職のことを意識的に考えない。そうは言っても、転職が重大な関心事である以上そうそう簡単には意識をらすことはできないのではないでしょうか。

その為には、先ず「今できること」を整理することです。「今できること」を整理し、「今できること」を全てを行ったと考えることができれば、オフに入ることができます。

その際に念頭に置いておきたい大切なことがあります。

今できることを考える時間を持つ

実際のところ、「『今できること』は何か」を考えるのに終わりはありません。新たに何ができるか考えること自体は、終わりのない行為だからです。

ですからオフに入る為には、定期的に今、新たに何ができるか考える時間を確保すると決めて置くことで、オフに入る判断の「今できること」に含めないことです。

新たに何ができるか考える時間を確保するように心掛けないと、転職活動がマンネリ化してしまいます。転職活動が一向に進まない状況に陥った場合、そのまま惰性で流され時間を浪費してしまう恐れがあります。

何か突破口が必要な局面にのぞんで、新たなことに取り組めるように、そして現在行っている転職活動を検証する目的で、転職活動を見詰め直す時間を取ることは有益です。

実際にもう既に求人メディアへは一通り当たり、転職エージェントにも複数登録し、面談も受け、求人案件も紹介してもらっている。そんな状況ならば、何が新たにできるのだろうと思われるかもしれません。

それでも何か新しい取り組みができないだろうかと考え続けること自体に大きな意味があります。

前傾姿勢が与える迫力

現状打破の精神とでもいいましょうか、現状に満足せず、何か新しいことを取り入れ、転職を成功に導きたいという意識・姿勢が、あなたの精神性を、そして人に与える印象を強化します。求人企業や転職エージェントに赴いた際、与える印象が変わってきます。

新しいことを取り入れる気持ちで、前に前に進もうとしている姿勢というものは、おっとりと構えているのと違って前傾姿勢に感じられ、動的な迫力を与えます。

動的な迫力が与える積極性のオーラ

その迫力はやる気や有能さとしてとらえられ、面接官や転職コンサルタントに好感を抱かせます。積極性のオーラとでもいうべき迫力を醸成じょうせいすることで面接や面談が有利になることでしょう。

何か新しいことを取り入れ、少しでも有利に、少しでも早く転職活動を推し進めようという姿勢は、具体的な行動にも繋がるのです。新しい求人メディアはないだろうか、新たに登録する転職エージェントは無いだろうかと考え、積極的行動を促します。姿勢・心的態度は行動を促すのです。

オン・オフ

時に立ち止まる。そして動き出したら前傾姿勢で突進する。

オフはあなたに継続性を担保し、オンでの確かな転職活動を実現します。

心構えで行動が変わり、前傾姿勢が行動をもたらす。そしてあなたの転職活動が有利に進み>成功のうちに終わることができるのです。