転職エージェントは拠点が遠くても大丈夫|面談の重要性

遠くても行くのは一度だけ

転職エージェントの拠点は遠くても大丈夫!

事務所が遠いからと敬遠すると損する転職エージェント

転職エージェント・ワークポートの方から、

事務所が大崎(東京都品川区)にあり、23区内でも西寄りに位置するので、アクセスの問題からか千葉の登録者が比較的少ないです。

と伺ったことがあります。

これは千葉に住む、この転職エージェントがピッタリ合うであろう転職希望者にとってはとても勿体もったい無い話です。

それというのも、転職エージェントの事務所に足を運ぶのは、恐らく初めに1回あるくらいです。ところで、ワークポートでは、面接対策セミナーなど各種セミナーを開催していますから、これに参加しようと思えば、勿論もちろん、足を運ぶ回数は増えます。ところが、多くの人に取って、これは必ずしも必須というわけではないでしょう。

転職エージェントに活用する意義としては、転職相談や求人紹介などが主なので、初回に転職コンサルタントときちんと面談を済ましておけば、後はメールや電話で事足ります。

仮に、副次サブ的なサービス、上にあげた面接対策セミナーなどの各種セミナーにはいけないと感じて、利用を躊躇ためらっているならば、本末転倒ほんまつてんとうです。主な転職支援だけでも受けるべきです。

実際、セミナー開催を行っていない転職エージェントの方が多いでしょうから、それに参加できないことが利用をさまたげるものでは無いはずなのです。

従って、利用する転職エージェントは拠点が何処どこにあるかでは無く、何処どこの求人情報を取り扱っているのかを気にすれば好いわけです。

面談のアポイントメントを取ったならば、後は、面談のついでに、大崎周辺でも散策しようと、ショッピングやグルメを副次的な目的として出かけるのも良いでしょう。(¶ ワークポート

切っ掛けが無ければ出かけない土地に出かけるのは刺激的で楽しいものです。私事わたくしごとで恐縮ですが、面談に限らず、面接や在職時には出張の折などにも、何処どこか普段出かけないところに出かける時は、土地の名物やグルメ情報を必ず調べて出かけます。

転職活動は可能な限り楽しく行うのが、転職成功の秘訣です。楽しいことをセットにしておけば、気持ちも明るくなり、面談や面接などで好感触を誘引するからです。そう、笑う門には福きたるです。

拠点が遠いことを理由に敬遠している人がいるのではと考えている転職エージェントはもう一つあります。

遠いからと登録しないと損なもう一つの転職エージェント

JACリクルートメントは人材紹介業ではリクルートエージェント、インテリジェンスのデューダ(DODA)に次ぐ売上高を誇ります。

大手でありながら、求人企業担当者が同時に転職コンサルタントを兼ねる一貫型(あるいは両面型)の転職エージェントです。

複数の転職コンサルタントと同時にお付き合いできることから、複数の転職エージェントに登録したのと同様の価値があるといっても過言ではありません。

その上、同時に複数の転職コンサルタントとお付き合いできることで、転職コンサルタントとの相性問題にも一定の解決を見い出せるところが魅力的です。つまり、仮に自分と合わないコンサルタントが当たったとしても、他の求人紹介をキッカケに他の転職コンサルタントとお付き合いできるということです、

ところが関東で言えば拠点は横浜です。例えば、千葉や埼玉の方が、アクセスを理由に登録を躊躇ちゅうちょしているとしたら、とても残念です。

既にお話しした通り、転職エージェントには一度足を運べば良いだけです。千葉や埼玉であれば、面倒かもしれませんが、足を運ぶことは可能な距離でしょう。ワークポートの時にお話ししたように横浜見物も副次的なサブの目的として持つと、遠くに出かけることもきっと楽しくなります。

億劫おっくうがって、JACリクルートメントの卓越したサービスを受けないのだとすればとても残念です。勿体もったい無いです。(¶ JAC Recruitmentジェイエイシーリクルートメント

もっともっと転職エージェントの拠点が遠い場合

もっともっと遠い利用の場合も考えられます。千葉在住時に、大阪の転職エージェントに登録したことがありました。求人案件を添付してスカウトメールを頂いたのです。

この時は、電話面談後に、応募しました。

電話面談で代えられるのなら、わざわざ行かなくても良いのではないかと思われるかもしれません。

可能な限り面談には行くべきです。

同様の千葉在住時に、名古屋の転職エージェントから求人紹介を受けたことがありました。電話面談で、求人紹介を受けていたのですが、後日、名古屋を通過する用事があった時に、途中下車して転職コンサルタントに会いに行きました。

転職コンサルタントに「人となり」を伝えること、親しみを持ってもらうこと、転職コンサルタントの頭の中に自分の存在を植え付けることなどなど、実際に会ってお話しをするメリットは限りなく大きいのです。

面談で、転職コンサルタントに、あなた自身のことをどれだけ理解してもらえるかで、紹介される求人情報が決まります。

紹介される求人がぶれない様に、面談には心して掛かりましょう。


https://akira-fukunaga.surikogi.net/jac_recruitment/