積極的転職の勧め

積極的転職は幸運の鍵

積極的転職の機会を得られたあなたは幸運

ひょっとすると今回のテーマはあなた向きのテーマではないかもしれません。

転職を思い立つときというのは、多くの場合何か問題を抱えていて、それに対応するために転職活動を余儀よぎなくされるという形が多いのではないでしょうか。

今回は、そんな切羽せっぱ詰まった状況下では無く、必ずしも転職する必要のないあなたへ向けた「積極的転職の勧め」です。

何故なぜ、「ひょっとすると今回はあなた向きのテーマではないかもしれません」などと無粋ぶすいな始まりにしたのでしょうか。

それは退職理由のほとんどが、積極的な転職というよりも、転職を余儀なくされたと想像できるものだからです。

退職理由のホンネランキングベスト10

リクナビNEXT に掲載されている ¶ 退職理由の大きな声じゃ言えませんがホンネランキングベスト10を参照してみましょう。

「キャリアアップしたかった」は9位、「昇進評価が不満だった」は10位で、その他はおおむね労働環境にまつわる問題で、転職しています。

キャリアアップや昇進評価の不満が転職企業理由であれば、精神的ゆとりを持って転職活動にのぞむことができるでしょう。

一方で、1位の「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」、2位の「労働時間・環境が不満だった」、3位の「同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった」であると、精神的にゆとりの無い状況での転職が想像されます。

キャリアアップや昇進評価への不満であれば、四六時中しろくじちゅうは感じなくて済みますが、1位から3位の理由では、常に感じる種類の不満を意味するからです。

つまり、積極的な理由で、本当の意味で自分が主導権を握って転職活動を行えることは大いなる幸運であると言えます。

願わくば、あなたの転職が積極的転職であらんことを!

さて、本題に入ります。

積極的転職の機会は逃さない

あなたがキャリアアップや昇進評価に不満を持って転職しようと考えた今。仮に転職を決心していないとしても、転職という言葉が頭をよぎったのだとすれば、これは大チャンスであるとお伝えしたいのです。

少なくとも当サイト「転職成功の素」に辿たどり着いたと言うことは、あなたが転職を、多少なりとも現実的に考えているという事実が有ります。

そしてその原因を作った「何か」が存在することも事実です。

あなたのようにお尻に火がいていない状況で転職を考えられることは、転職活動でも優位に立てます。

転職は、在職中と離職中では、在職中が圧倒的に有利なことはご存知かと思います。どこかに就職しなければいけない人と、現職勤務を維持できる人とでは、現勤務を維持できる人の方が強く出られるのです。

同様のことが在職中の人同士でもいえるのです。どうしても転職しなければならない人、しくは、どうしても転職したい人と、良いところが有ったら転職しても良いなと思っている人とは雲泥うんでいの差です。

この優位性を大切にすることで、より良い転職を実現すること可能になるのです。

千載一遇せんざいいちぐう機会チャンス

積極的転職の機会を得られたあなたは幸運と冒頭で述べましたが、ともすると他に圧倒的に良い転職の可能性があるにもかかわらず、転職が念頭に上らないのです。

順風満帆じゅんぷうまんぱんだと、転職というものは考えにも及ばない訳です。

周りにどんなにたくさん大きな魚が寄っていようとも、釣り糸を垂れなければ、魚が釣れないのと同じです。

チャンスを引き寄せる鍵は転職エージェント

幸運なことにあなたは、転職の機会を探ることができます。

現状維持の方が有利であれば、転職しなければ良いのです。

積極的転職希望者は優遇

転職エージェントも、実はここにいう積極的転職の希望者を優遇します。

転職エージェントが、転職するつもりが無くても、転職市場でのあなたの市場価値を知りましょうと登録を勧めていることにも現れています。

それに転職エージェント側のことを考えて見れば分ります。せっつかれることなく、あなたにおあつらえ向きの求人案件が出てきたら、紹介すれば良い訳ですから。その為に必要なことは、あなたがどのような転職希望者であるか、転職コンサルタントに売り込んでおくことだけです。履歴書と職務経歴書を作って面談に臨むだけで良いのです。

あなたが思いの外好条件の求人案件を紹介されれば、心がなびくでしょう。その時、あなたは千載一遇の大チャンスを得ることになります。

転職市場での市場価値を調べる為にも、あなたに合った求人がどれくらいあるか知るためにも、転職エージェントへの登録が望まれます。

尚、転職エージェントの利用は一切お金が掛かりません。