転職活動に無理な退職予定は組み込まない

無理な早期退職は避けよ

円満退社が原則

退職を決めたら、必ず基本的には円満えんまん退社を目指してください。

基本は社内規程に従う

法律上は、民法※に定めがあり、「雇用期間に定めの無い場合は、退職申し入れから二週間して退職」です。しかしながら、就業規則などの社内規程で、「退職意思の表明から1ヶ月後」というのが一般的です。

そうは言っても実際の退社日は会社との交渉次第です。

民法627条
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

あなたと会社の都合で交渉

会社側が希望するのであれば、社内規程に従うのが妥当でしょう。引継ぎの都合や給与計算の都合などで、締日までで良いという話になったりすることもあるでしょう。

意思表明から1ヶ月後を退職の目安にするのが妥当だと考えられます。

但し、会社で担っていた役割が大きい場合、その役割に応じた期間が必要になります。可能な限り会社の意向に応えてください。「立つ鳥跡を濁さず」が原則です。

嫌がらせをする会社には義理立てする必要はない

中には、退職するというと嫌がらせをする会社もありますが、そのような会社であれば必ずしも1ヶ月を待つ必要はないでしょう。

ある事業部の事業部長が退職を表明した途端

明日から、おまえは平だ!

と申し渡したような会社がありました。事業部長が当時同僚だった私に苦笑いをしながら事の次第をこぼしたのです。

事業部長によると退職願いを提出したところ、あろうことか平社員に降格というのです。このような会社であれば、そもそも円満退社という言葉そのものが存在しないので致し方ありません。

退職予定は無理をしない

在職中に転職活動する際には、あまり無理な退職日程は想定しないことです。

求人企業は一般に早く入社して欲しいものです。その求人企業に特に早期の就業を希望されると、面接時に就業可能日を早めに伝えてしまいがちです。

しかしながら、これは危険なことだと考えられます。

リップサービスはあらぬ疑いを招く

それは、応募企業は、面接や職務経歴書レジュメにより、あなたの現在の職務内容をよく知っています。そしてその責任の重さも当然に理解してるはずです。それに比べあまりに早い退職が可能だと聞くと、様々な種類の疑念が生じてしまいます。

このポジション(職務、職位)でそんなに簡単に退職が可能なのだろうか?

本当に話しの通りの仕事をしているのだろうか?

などです。

また、更に推測して

この人は任されている仕事に対する責任感はないのだろうか?

うちに来ても同じような形で退職する時がくるのではないだろうか?

といった不信の念まで植え付けてしまいかねないのです。

時に、企業側の求人が喫緊きっきんで、本当に緊急に入社してもらわなければ困ると考えている場合もあるでしょう。

そうした場合、疑念や不信の念は後退し、採用に対するあせりが前面に現れることもでしょう。多少の無理は求められることがあるかもしれません。

無茶な退職は前職の企業だけでなくあなたも不幸にする

そうは言っても、任されている仕事を放りだすようなことをしてはいけません。

任されている仕事を放り出さなければ、受けられないような内定ならば、縁がなかったと考えた方が良いでしょう。それは、どんなに行きたい会社だったとしてもです。

人としてどうか

最終的には、「人としてどうか」という部分に行き着きます。人としておかしい、なりふり構わぬ対応で、内定をもらい、無理に転職したとしても、将来的には決して良いことはないものです。

無理をして、無茶をして早期退職を果たし、新しい会社に転職したとします。その場合、当初は新しい会社には感謝されるでしょう。それは必要があったからです。

しかしながら時間が経つにつれて感謝は薄らぎ、過去に無茶をしたという事実のみが残るものです。

うちも確かにあの時は、無理して来てもらわなければ困る状況だったけどさ。

あの時、あいつはあんな無茶したから、ひょっとしたら今回も・・・

といったような思いが頭をよぎるようになるものです。人間というものは勝手なものなのです。

このような展開を辿たどらないとしても、信用が高くないことは間違いないでしょう。結局、その時に便利だっただけなのです。

困難を顧みず、火中の栗を拾ったとしても、喉元過ぎれば熱さは忘れられてしまうということですね。

因果応報いんがおうほう

無茶な退社は、前職で勤めた会社に迷惑をかけるだけでなく、あなた自身にも不幸を招くということを肝に銘じてください。

どうしても内定に早期就業が必要だと言われ、無理な早期退職を迫られた場合、不可能ならば無茶はせず見送るべきなのです。

歩み寄るべきはあなたではなく、求人企業側なのです。

そして後ろ髪を引かれながらも、断念したあなたには、きっと次の機会チャンスが現れるでしょう。

立つ鳥跡を濁さず

あくまでも、立つ鳥跡を濁さずの精神で、前職をまっとうし、新たなる気持ちで次の会社で就業する。これが理想です。

自分自身が退社した後もとどこおりなく業務が進むように、引継ぎには万全を尽くしてください。真にプロフェッショナルな仕事をすることで、次につながる運気うんきも手に入れることが出来るでしょう。

運気などという言葉を遣うと違和感を覚える方がおられるかもしれませんが、人に後ろ指をさされるようなことをすれば、そのむくいというものはあるものです。退社に際して人の見えない部分での気遣いや心遣いをすることで陰徳いんとくを積めば、将来はひらかれていきます。一事が万事という諺もあります。