転職活動をやり尽しお盆休みをしっかり休む

気分を爽快に

転職活動のために英気を養う

あなたが、

さあ、これから転職活動を始めるぞ!

というのであれば、¶転職活動の開始にお盆休みは関係ないでお伝えした通り、お盆休みといった長期休暇に関わらず、転職活動は開始すべきだとお勧めします。

タイミングを計ったところでずれるものですし、転職活動の開始直後は職務経歴の洗い出しといった作業が必要です。

また、長期連続休暇明けの面談の連絡を早くもらうためにも、転職エージェントへの登録は早々に済ませるべきです。職務経歴書の質的向上レベルアップや求人紹介を受けるためにも、転職希望者にとって、転職エージェントの利用は避けて通れない道にあります。

これらのことは長期休暇中にできることで、長期休暇が明けるのを待つ必要はまったくありません。

転職活動中のあなたは早々に切り上げ

一方で、既に転職活動を開始していて、継続的に進めているあなたなら、お盆などの長期休暇前、または早々に転職活動で為すべきことを行い、残り日々は心置きなく羽を伸ばすことをお勧めします。

不必要な「待ち」で消耗しない

お盆休みや年末年始休暇の時期というのは、求人企業の担当者や転職コンサルタントもお休みに入っていることがほとんどでしょう。

当てもなく連絡を待つのは辛いことですし、消耗の原因になります。

ほぼ連絡は無いと割り切り、余暇を楽しむことに集中した方が良いのです。転職の事は忘れ、旅行に行くなり、映画を見るなり楽しみましょう。

気がとがめたら・・・

在職中ならばいざ知らず、離職中だと楽しむことに気がとがめるかもしれません。

気が咎めたら、休暇を楽しむのは、効率的に転職活動を進めていくためなのだと割り切りましょう。

事実として、通常通り転職活動を続けたとしても、進捗しんちょくは見られないでしょうし、息抜きが必要だとすれば、世間一般が長期休暇の時が良いのに決まっているでしょう。

正しい答えが分かっていて、その答えに従うことに気が咎める時は、他の選択肢をしっかりと理解して、消去法で現在の選択肢が残ると腹の底まで理解すると少しスッキリします

既に一通りの準備が整い、転職活動をしても甲斐が無い時期であることは自明でしょうから、休むしかないと結論付ければ良いのです。冒頭で触れたとおり、これから転職活動を開始する人とは事情が異なります。※

※ もちろん、転職活動を開始しする人も、一通りのことが済んだら、休めば良いことは変わりません。