ランキングの根拠は薄弱だから意味は無い

ランキングの根拠は薄弱

転職エージェント・ランキングは無意味

転職エージェントの選び方を調べ始めると、転職エージェントの情報は氾濫はんらんしていることに気付きます。

どうしたら良いのだろう。

そして、

点数が付いているけれど、どうやって評価しているのだろう!?

とった疑問が湧いてくるのは健全な感覚です。

転職エージェントランキングに限った話ではありませんが、根拠が薄弱なランキング情報は、所謂いわゆる、情報弱者を何らか形で誘導をしようとしていますから要注意です。

薄弱な根拠

実際に、転職エージェントのウェブサイトから2chにちゃんねるまで、情報のソース様々さまざまです。

ランキングや口コミ情報の類を見る時、真っ先に考えたいのは、その根拠です。

ランキング情報には意味が無い

売上規模や取扱求人数その他転職成功に導いた実績数であれば、開示情報から順序付けランキングできるかもしれません。

それ以外のランキングは相当いかがわしいものに感じられるはずです。

転職エージェントの評判はあくまでも評判に過ぎません。何人もの評判をかき集めたところで、きちんとした役に立つような転職エージェントの評価などできるはずがありません。

また、業界経験者などが転職エージェントを評価したとして、同業他社の実態を事細ことこまかに把握はあくしていると考えられますか?

業界経験者を名乗って書かれているものも見られますが、どれだけのことを分かっていて書いているのやら・・・もしや、あなたは産業スパイですか!?・・・といったところです。

あなたの属してきた業界についてあなたが紹介することを想像すればぐに判ることでしょう。なんとなくのイメージはあっても確信をもって詳細を語ることなどできないはずです。業界での評判なんて当てにならず、同業他社でも実際に中に入って見るとがらりと印象が変わるものです。

もっとささいもらしく聞こえるけれども、根拠の無い説明が氾濫はんらんしているのが現状なのです。

あなたも溢れる情報に胡散臭うさんくささを感じて「転職成功の素」を訪れたのではないでしょうか。

そもそもあなたへのお勧めランキングみないなものは作れるはずがはず無いのです。

そんなものに誘導されるくらいならば、ランダムに選んだ方がずっとマシです。

口コミ情報にも意味はない

口コミ情報も同様です。

口コミで良いと言われているからと言って、口コミ情報の出所である転職成功者のプロフィールがあなたと同等でなければ、意味が無いのです。

転職エージェント選びで口コミ情報は無用 で、口コミ情報提供者とあなたは違う人なので、転職コンサルタントからの待遇が異なってしまう部分のあることは致し方ないことであるとお伝えしました。

転職エージェント評価の難しさ

転職エージェントが口コミ情報やランキングで選べないとしたら、転職エージェントの選び方はどのようにすれば良いでしょうか。転職エージェントの選び方についてお伝えします。

その前に、何故なぜ転職エージェントの評価が難しいのかを見ていきましょう。

転職エージェントは工業製品でない

客観的評価のできる工業製品と異なり、転職コンサルタントの評価はとても難しいです。

工業製品なら口コミやランキングで長所や短所が分かったとすれば、それは確かな情報ですし、不明な点は、実際に見に行くなり製造元に問い合わせるなりすれば、解決できる種類のものです。

一方で、転職エージェントは、る転職コンサルタントの応対が、そのまま転職エージェント全ての傾向ではないのです。仮に口コミで指摘の事実があったとして、それを確認して果たしてそれがあなたに当てはまるのでしょうか。良い対応でもあなたとは相性が悪い転職コンサルタントかもしれません。

また、その転職エージェントに登録したとして、同じ転職コンサルタントが担当するかどうか分かりません。

転職コンサルタントへの評価は難しいですし、転職エージェントに在籍している転職コンサルタントは一人ではありませんから転職エージェントを評価することは難しいのです。

試行錯誤は避けられない

口コミやランキングに惑わされず、あなた自身の目で転職エージェントは見定みさだ見定めてください。

そのために先ずは大手・準大手転職エージェント※に登録してみてください。

※ 大手・準大手の転職エージェントに加えて、あなたの転職希望と合う特化型転職エージェントがあれば、それにも登録してください。

「転職成功の素」で、転職エージェントの選び方と言いながら、少々乱暴に受け取られるかもしれないにもかかわらず、先ずは単に売上高や取扱い求人数、在籍転職コンサルタント数の豊富な転職エージェントへの登録をお勧めしているのはその為です。

早々に転職先が決まれば、その限りではありませんが、転職エージェントへの登録は随時増やして行くことになるので、習うより慣れよと云った感じでどんどん登録し、求人企業の紹介や職務経歴書レジュメの洗練を目指して行くのが良いのです。

転職希望者のあなたにとって必要なこと

あなたにとって必要なことは、転職エージェントとあなた自身との関係性です。転職エージェントと一般の転職希望者といった大枠おおわくの話ではありません。

一般論には意味が無い

総論で「『一般にとっての』或る転職エージェント」を数々の口コミ情報を用いて、ある一定の傾向があることを論じることはできるかもしれません。

大切なのはあなたと転職エージェントとの関係性

一方で各論、つまり「『あなたにとっての』或る転職エージェント」は、あなた自身にしか評価できません。

転職エージェントに対する口コミ情報や評判は、あなたにとっては有益な情報とはならないばかりか、惑わされる原因にもなり、時間の浪費にもなるというのが結論です。

不確かな事前情報は関係を悪化

更に、その転職エージェントにお世話になる際に、不必要な思い込みを植え付けられた状態で臨むことになり、転職エージェントとの関係構築にマイナスに働くことでしょう。

実際の転職支援で判断

人や組織を評価する際には、工業製品と異なり、そのものズバリと接点を持つことが大切です。臆見おっけんを持つことは避けなければなりません。

ランキングや口コミ情報に耳を傾ける暇があるならば、大手転職エージェントに登録し、早々に面談に出かけて行った方がが余程有益で結果に早くつながります。

あなたに合った転職エージェントはあなたの足で探すのが一番です。もとい、あなたにしか探すことはできません。

初めにお伝えしたように、あなたへのお勧めランキングなるものは用意できないのです。取扱い求人数の多い大手・準大手の転職エージェントから、あなたのフィーリングで順番を決めて登録し、チャレンジして行ってください。

どんなに評判の良い転職エージェントを選んだとしても、あなた自身が充実した転職サポートを受けられなければ意味はありません。

中小の転職エージェントは、転職サイトに登録しておけば、あなたに相応しい求人を持って、あなたをスカウトしてくれることでしょう。

ウェブ情報とにらめっこして右往左往うおうさおうしながら、悩んだり、迷ったりしているのは時間の浪費なのです。

さあ、走り出そう!勇気を出して!