第二新卒と29歳以下の転職|ニート・フリーター・派遣/非正規雇用・無職から正社員へ

就活のトラウマは忘れろ

正社員未経験の20代と言っても、20代前半だけではありません・・・20代後半と言わず20代であれば大丈夫。29歳以下で正社員になりたいあなたのための記事です。

ニート、フリーター、非正規雇用、無職・・・現状に満足できない状態には様々な状況があります。

いずれにも共通しているのは社会やコミュニティなどから孤立しがちだということです。

仮に孤立していないとしても、特定の繋がりだけになり情報がかたよりがちです。

孤立していないのは、孤立しているよりもずっと良い状態とは言えるのですが、誤った情報認識や考え方にり固まってしまうと大変危険です。

本記事は、視野が狭くなりがちな、或いは悩んでいる30歳未満つまり29歳以下のみなさんを応援するためにしたためたラブレターです。

ネガティブな意見の封印から始める【初めの一歩】

転職に限ったことではありませんが、否定的ネガティブな意見や考え方が目につくことが多いのではないでしょうか。

不安を呼び起こすようなコンテンツがあると、そもそも自信が無かったり、不安を覚えやすい人の目は、ついつい引き寄せられてしまいます。

そして、必要な第一歩が踏み出せなくなってしまいます。

不安を覚えるタイトル記事はクリックしない

特に注意が必要なのは、ウェブのリコメンド機能です。

気になって目が行ってしまい否定的ネガティブなコンテンツをクリックすると、同種のコンテンツが更に表示されやすくなります。つまり、否定的ネガティブな記事の閲覧が、更なる閲覧機会を増やしてしまい、更なる不安を招くという悪循環に陥るということです。

悪循環を招かないためにも不用意に不安を招く記事は読まないようにしましょう。

不安をあおるのは営業手法

不安を煽ることは、ビジネス上の一つの手法であることも理解しておくと良いでしょう。相手を不安に陥れ、精神状態が不安定になったところで、物を買わせたりサービスに申込ませたりするのです。

不安な状態にある人と云うのは言うことを聞かせやすいのです。有名なところですと霊感商法がありますね。相手を不安に陥れて祈祷料を取ったり壺を売りつけたりするのです。

健全な不安もある

行動を促すことも必要な場合もありますから、多少の不安を感じさせられることがあるのは当然のことです。

ところがどうしようもなく不安な状況に陥ったとすれば、仮に必要な情報だったとしても、伝える側の良識や誠意を疑った方が良いでしょう。

そんな発信者からの更なる情報入手は有害で危険です。

過度に不安をあおるのは詐欺や押し売りの常套手段じょうとうしゅだん

まっとうなビジネスは、相手を必要以上に不安にさせないために、煽ったりしません。過度に不安を煽るのは、詐欺や押し売りの常套手段じょうとうしゅだんですから、覚えておいてください。

ですから、タイトルを見て不安を覚えた記事は絶対にクリックしないことです。

正社員への第一歩を踏み出す

就職、転職は年齢が若いほど容易です。勿論もちろん、30代、40代、50代になっても就職機会は有ります。ただ制約条件が出てきます。

幸いにして29歳以下のあなたには、現在ではかつてないほどのチャンスが有ります。就職の環境は社会構造や景気などに大きく左右されますが現在は恵まれている部分があるのです。

就職氷河期のことは忘れろ!

リクルート時代、新卒での就活時代は一旦忘れた方が得です。

就活での苦難がトラウマになっていると、あつものりてなますを吹く※ということわざ通りになってしまいます。

※ 現代風に言えば、珈琲を飲もうとして火傷しそうになったので、それに懲りて次に出て来たアイスクリームを吹いて冷まそうとすることとでも言えば分かり易いでしょうか。

就職活動での苦労は一旦忘れて、今回は真っ新まっさらな気持ちで改めて乗り出すのが良いのです。時化シケの海でおぼれそうになったからと言って、波っ気なみっけ一つ無いなぎの海で航海に乗り出さないのは勿体無いということです。

就活のトラウマは無くせ

要するに目の前にチャンスが転がっているのに、就活で苦労したから転職でも同じくらい苦労するだろうと腰が引けてしまうのは避けようということなのです。

就職活動の時に持った、就活のトラウマを転職に持って来てはいけません。引きるあなたは損をしてしまいます。時代は変わったのです。

特に20代はかつてないほどに転職環境が整っています

第二新卒と29歳以下の転職|孤独に活動しないが秘訣
第二新卒・29歳以下だからこその転職支援 ニート・フリーター・派遣・無職から正...