転職はバカンスへの誘い

転職はバカンスの誘い

転職するだけでは勿体もったいない!

転職を考えているあなたにもう一つ同時に考えて欲しいことがあります。

それは転職を機に長期休暇バカンスをとることです。

ブラック企業は当然の事、日本では長時間労働が当たり前の風潮が依然として根強く、連続した休暇も取りにくいのが現状です。

転職の機会というのは、前職と転職先の間にぎ目ができます。ここに長期休暇を楽しむ時間を入れることを考えたらどうかという提案です。

そんな余裕ないよ。

そんな思いがよぎるかもしれませんが、一考いっこうあたいします。

バカンスでリフレッシュ&リセット

前職から次の就業先に雪崩なだれれ込むように勤務を開始すると、前職から惰性だせいを引き継ぎます。引き継ぐものが良いものだけなら問題は無いのですが、得てして良いものは引き継がず悪いものだけが引き継がれるものです。

そこで一区切りつけてから、改めてスタートするのがお勧めなのです。

心機一転

新天地で折角、改めて新しい自分を築き上げる機会チャンスに恵まれるのですから、心機一転、初心に帰ってスタートするのが良いでしょう。

新しい職場では前の職場とは異なったイメージの自分を演出することも可能です。その為には、惰性が残っていない方が上手く行きます。

単なる長期休暇ではない字義通りのバカンスを!

バカンスという言葉を使ったのは、単にお休みをとるだけではありません。少なくとも数日間は旅行に出るのです。

バカンス
主としてフランス人の長期休暇の過ごし方、もしくはそれを意識した長期休暇の呼称(wikiより)

行き先は暑いところがお勧めです。国内なら沖縄、海外なら東南アジア辺りが良いでしょう。

肉体を意識

浜辺でたたずんでいると、暑さのおかげで精神より肉体をより意識することになります。

体は熱を帯び、冷たいものがとても美味しいです。暑さは軽い眩暈めまいを覚えるほどで、細かなことはどうでもよくなります。

暑さでぼうっとしてしまいながらも意識はハッキリしており、

人間は肉体を持っているんだ!

と当たり前ながらの再認識をするでしょう。

これまでの日常生活、つまりは自宅と職場との往復活動の中でわずらわされ続けて来た幾多もの雑多な想いからは解放され、楽しい気分に浸れるのです。

これまで思い悩んでいたこと、わずらわされていたことが意識の外に出てしまい、幸福な一時ひとときを過ごすことができます。仮に思い出したとしても、大したことではないと感じるでしょう。

風土

暑さ、つまり風土が人に与える影響がいかに大きいものであるかを実感することでしょう。人が夏になると開放的になる理由も風土、つまりは暑さが原因です。

充電

長らく勤務してきたご褒美と新しいスタートへの充電を目的としたバカンスは、あなたに気力と精力を再充電するでしょう。

英気を養い、再びバカンスを取るために日々精進しょうじんする力を得るのです。

転職は唯一のチャンス

転職は、長時間勤務、長時間労働を当たり前とした、ワーカーホリックとも言える職業文化の中では、オアシスに立ち寄ることのできる唯一の機会とも言えるのではないでしょうか。

唯一が言い過ぎでも数少ないチャンスの一つであることは間違いないでしょう。

転職は新しい可能性をひらくだけでなく、人生を充実したものにするためにも活用すべき機会なのです。

キャリアアップへのご褒美

転職することも無く同じ会社に勤め続けていれば、大型連休はなかなか取れないものでしょう。

バカンスをキャリアアップ実現のご褒美として、次なるキャリアアップの機会を目指して仕事に勤しむのはいかがでしょう。

転職はポジティブに考え、ポジティブに転職しましょう。