転職サイトについて

転職サイトのいろいろ

転職活動に関するウェブサイトについて

転職活動を行うに当たって、どのような種類の転職関連サイトであるかが分かっていると、転職活動を円滑に行うことができるでしょう。参考のために整理します。

求人情報の豊富なウェブサイト

求人情報を集めたウェブサイトには種類かあります。

求人企業の求人情報を集めたウェブサイト

求人のある企業の求人情報が直接掲載されているウェブサイトです。

新聞の求人広告欄や求人雑誌をイメージすれば解りやすいと思います。それがウェブサイトになっていると考えれば良いです。

従って、この種のウェブサイトでは、応募は直接求人企業に届きます。例外的にこの種のウェブサイトに求人情報を登録していながら、求人応募の受付窓口が転職エージェントになっていることがあります。

多数の人材紹介会社が受託した求人を掲載したサイト

転職エージェントが受託した求人案件を集め、紹介しているウェブサイトです。

応募したい求人情報が有る場合、先ずはその求人案件を預かっている(委託されている)転職エージェントにエントリー(登録)します。求人企業に直接応募することは出来ません。エントリーすると転職エージェントが書類選考を行い連絡が来ます。応募まで至らないこともありますが、一般に直接企業に応募した場合の書類選考よりは通りやすいのが特長です。それは、転職エージェントのサポートで応募書類の質を向上させられることなどで、書類選考の通過率を上昇させられるからです。

転職エージェントの目に留まるとスカウトメールが送られてくることがあります。或る転職エージェントに門前払いされたからといって失望することはありません。同じ人でも、同時期に他の転職エージェントでは魅力を感じ、スカウトメールが送られてくることもあるのがその理由です。

職務経歴というものは、読み込みの程度や評価基準により、評価の振れ幅が大きいものですから、一喜一憂しないで、捨てる神あれば拾う神ありくらいに思っていた方が精神衛生上良いです。

「1.求人企業の求人情報を集めたウェブサイト」であり、「2.多数の人材紹介会社が受託した求人を掲載したサイト」でもある転職サイトもあります。1.の要素と2.の要素を兼ね備えているのです。謂わば一粒で二度美味しい転職サイトです。

転職エージェントのウェブサイト

特定の転職エージェントが自社で預かった[受託した]求人案件を掲載しているウェブサイトです。謂わば、転職エージェントの自社サイトです。

膨大な求人情報量が魅力の大手・準大手転職エージェント

豊富な求人情報を掲載しているのは比較的大手に限られます。

転職エージェントとお付き合いを始める場合は、先ずは大手・準大手(以降、まとめて大手)の転職エージェントに登録するのが無難です。それは膨大とも言える求人案件を保有している大手転職エージェントであれば、誰にとっても応募できる求人案件が比較的見つかりやすいからです。

転職エージェントによっては、転職コンサルタントからの求人案件紹介を待つだけでなく、あなた自身が検索して、紹介を依頼することもできます。

//tenshoku-agent-abc.xyz/oote_tenshoku_agent/

//tenshoku-agent-abc.xyz/jun_oote_tenshoku_agents/

自分に合った求人情報を持った転職エージェントが見つけられれば、そこに登録すれば良いのですが、希望業種専門だからと言って登録したら、取扱いの対象年収水準が合わないなどといったことが起こりうるからです。

既に転職エージェント何社かとお付き合いならば、裾野すそのを広げる意味で、中小規模の転職エージェントに直接アプローチするのも「アリ」だと思いますが、転職エージェントとのお付き合いが初めてであったり、あまり経験が無い場合は、大手に登録から開始するのが良いでしょう。

企業の口コミ転職評判を集めたウェブサイト

会社選びのための企業の口コミ情報を集めたウェブサイトです。口コミ情報は匿名なので信憑性しんぴょうせいはどうかと思います。

また、規模の小さな企業では、書き込むことで個人が特定されることを恐れるためやそもそも書き込みをする人数である母体が小さいため、口コミ情報も少ないです。もちろん大企業でも書き込む内容によっては、個人が特定される恐れはあります。

一方で、大きな企業ですと、口コミ自体は多い場合が多いのですが、職場が大きかったり、場所も分かれていたりするために、口コミが仮に全て真実だったとしても、自分のこれからの職場環境を想像するのに必ずしも参考になるとは限らないです。

また、同時に求職情報のサービスも行っていたりしますが、口コミと個人情報とが紐づけされることになるので、求職情報の利用は、お勧めできません

口コミサイトで一番役に立つと思われるのは、ブラック企業かどうかの確認です。ブラック企業中のブラック企業のような極端な企業の評判にはブレが無いと思われるので、ブラック企業を避けるための情報を得るのには良いかもしれません。私も応募を迷った会社がブラック企業の中のブラック企業だと判明し、応募を見送ったことがあります。