転職エージェントを利用しないと大損!チャンスは最大限に活かすべし

高嶺の花に手が届く!

有利に転職なら人材紹介会社|身近で強力は本当!

無理と思った企業に就職できるチャンス到来

高嶺の花に手が届くかも!?

紹介の強みって分かりますか?

俗にいう「コネ」が紹介のことです。会社に顔の利く知人や友人による紹介は、一般公募で応募するより、選考が上手く進むことが多いのです。

実際に、書類選考を省いて面接してもらえたり、採用のハードルがグッと下がったりします。紹介者である知人・友人の信用が、あなたをの信用をバックアップしてくれるからです。

転職エージェントの信用で紹介

転職エージェントは、人材紹介会社とも言います。その名の通り、人材の紹介を行うことを生業(なりわい)としています。エージェントによっては、人材のことを、敬意を表してなのか、人財と呼ぶことも有ります。

人材紹介で実績のある転職エージェントは、経験・ノウハウなど諸々について、紹介依頼をしているクライアント企業から信頼されています。そのクライアント企業の人材紹介会社への強い信頼が、あなたに付与されて、あなたの転職を後押し(バックアップ)してくれるのです。

[念のため]派遣会社とは全く異なる

派遣では、派遣社員は、派遣会社に雇用されていて、実際に働いている勤務先企業とは雇用関係にありません。

一方で、転職エージェント(人材紹介会社)では「紹介」なので、勤務先企業に雇用されています。

直接応募よりチャンスが大きい

もちろん転職エージェントも無差別に紹介してくれるわけではありません。

或る求人について紹介依頼をしても、紹介してもらえないこともあります。それでも転職エージェント経由の方がチャンスが大きいのは事実です。

その理由は、簡単です。

直接応募は形式的選考/エージェント紹介は実質的選考

あなたが企業に直接応募した時、応募総数がそれ程多くない求人であれば、じっくり選考してもらうことができるかもしれません。中途採用では、採用予定人数に対して応募者数は多く、高い倍率になるのが一般的です。ましてや好条件の求人、人気企業や人気職種の求人であれば、採用予定人数に対して何十倍以上の倍率になることも少なくありません。

そうなると、どうしても形式的基準での足切りが必要になります。

一般企業では、採用活動だけに時間を割く(さく)ことは出来ません。人事部は、採用活動の他にもしなければならないことがあります。だから人材紹介会社ほどにはマンパワーを割けないのです。

ですから、どうしても書類選考が形式的になり、高い水準での「足切り」になってしまいがちです。

就職戦線でも足切り!!

喩えて言うならば、有名大学の入学試験でよくある足切りのようなものが有ります。

たとえ二次試験で逆転合格する実力を十分に持っていたとしても、二次試験を実施する人数的な都合上、センター試験の成績で不合格とされ、二次試験を受けさせてもらえなくなるのです。

これと同様のことが転職活動時にも起こるということです。

企業が、採用活動に確保できる経営資源が、十分でないために、足切りが行われ、実績、経験、スキル、ノウハウ、人物像などがトータルで伝われば、採用されるだろう候補者が、書類選考で落とされ、面接すらしてもらえないということです。

転職エージェントが切り札

採用企業の救い主としての転職エージェント

「求人に相応しい人材を採用すること」は、求人のある企業の共通の願いです。

そこで採用活動のお手伝いをする専門の企業として転職エージェントが存在します。

求人のある企業に代わって、候補者(応募者)を選定する仕事を担うのが転職エージェント、人材紹介会社です。採用は最終的には求人企業が行いますが、その下準備をするのが転職エージェントです。

転職希望者の救い主としての転職エージェント

その一方で、人材紹介会社は求職者であるあなたにとっても救い主になります。

あなたのことを正当に評価し応募企業に伝える

正当に評価されるチャンスが増える

あなたにとって、応募先の企業に直接応募するよりも、正当な評価を受けるチャンスが得られます。

転職エージェントでは、転職コンサルタントが転職希望者との面談を担当し、時間を十分に確保します。謂わばその為に転職エージェントが存在すると言っても良いでそう。(もちろん事務作業や求人企業を理解するための時間なども必要なので、面談だけをしているわけではありません。)

あなたをきちんと評価し、適切な求人企業とマッチング、引き合わせるためには、転職コンサルタントがあなたのことをきちんと理解しなければなりません。その為の面談です。

ですから、転職コンサルタントは、あなたが求人企業が求める人材であり、その企業が求める候補者であることを知るための時間を十分に取るのです。

企業に直接応募した場合に比べ、形式的な書類選考で弾かれて(はじかれて)しまうことは、はるかに少なくなります。

「自分に転職エージェントは関係ない」の思い込みは損

思い込みは勿体無い!

転職エージェントというと、利用していない人は、

  • 「自分には関係ない」と思い込んでいる
  • 全く知らない

のどちらかに分かれることが多いようです。

ヘッドハンティングという言葉でイメージされるような一部のエグゼクティブ向けサービスという印象なのでしょう。

でも人材紹介自体は、もっと一般的なサービスなのです。ヘッドハンティングという言葉に象徴されるような人材紹介は、エグゼクティブサーチと言って、人材紹介の中でも極一部の特殊なもので、少数派です。

あなたにも使って欲しい人材紹介会社

あなたにも使って欲しい!

海外では4人に1人が人材紹介会社経由で転職しているとのことです。

つまり、それ程、特別なものではありません。国内ではまだそこまで一般的ではないのですが、それは逆に、活用すれば、他の転職希望者と比べ、有利に転職活動ができることを意味します。

キャリアのある30代、40代はもちろん

なんと20代や第二新卒までも転職エージェントを利用

既卒や第二新卒、それに20代のみなさんも転職エージェントを通じて転職しています。

どうですか、エグゼクティブ向けのサービスというイメージは払拭(ふっしょく)されたのではないでしょうか。

企業は、採用にお金を掛けてでも優秀な人材を確保したいのです。そして、転職エージェント経由で応募するということは、採用にお金を掛ける企業、採用にお金を掛けられる企業ということでもあります。

転職エージェントを利用すると、転職活動の可能性が広がり、将来の展望が大きく変わってきます。

自己評価が低くて損をしている人は少なからず存在しますよ!

人材紹介会社の転職支援は強力

転職エージェントのどこがいいのだろう!?

あなたが希望する求人を紹介

豊富な求人案件とその詳細情報

高嶺の花にも手が届くかも!?で触れたとおり、求人を紹介してくれます。

人材紹介会社(転職エージェント)は、組織力を以て、求人案件を集めています。求人企業(クライアント企業)の要望を拾い上げる形で、そして時には、クライアント企業の気づいていない求人を気づかせることによって様々な求人案件を集めています。

人材紹介会社は転職希望者へのコンサルティングやアドバイスを行うだけでなく、同時にクライアント企業へのコンサルティングやアドバイスを行っているのです。

従って、キャリアコンサルタントが、あなたに紹介してくれる求人案件は、その求人が生じた背景から、どのような人材を求め、どのような期待があるかなどを仔細(しさい)に把握しています。

転職エージェントの醍醐味【非公開求人案件】の存在

魅力満載の非公開求人

人材紹介会社に登録し、面談を済ませないと接することのできない求人があります。

一般に「非公開求人」と呼ばれています。

企業が求人情報を非公開にする理由は様々ですが、採用窓口を特定の転職エージェントに限定したい場合が多いでしょう。候補者を転職エージェントに絞ってもらってその中から選びたいという場合です。そうすれば、転職エージェントが求人に相応しい候補者を挙げてくれるので、効率が良いということです。

また、公開できないことが理由の場合もあります。

例えば、ライバル企業に秘密裡に進めたいプロジェクトの求人です。他では、要職、例えば総務部長が退職予定で、その代わりを探す場合などです。要職の人材が離職するとなると社内の動揺が懸念されます。従って、退任を公表する前に、予め後任を探しておきたい、それも密かにといった状況の場合です。他にも様々な理由が考えられるでしょう。

非公開求人は転職エージェントとお付き合いしていなければ、めぐり会うことの出来ない求人情報です。存在すら知ることのできない求人です。

これら非公開求人を紹介してもらえることは、転職エージェントを活用する大きなメリットの一つです。

選考が有利に進む職務経歴書の作成支援

応募書類は使い回してないよね?

毎回、応募に同じ書類を使ってないよね!?

応募する求人案件が見つかったら、その案件ごとに応募書類、特に職務経歴書(レジュメ)はカスタマイズが必要です。

あなたの職務経歴の中で、応募先企業が求めるものによって、光るものが変わって来ます。

ですから、フォーカスすべき、フィーチャーすべき内容も異なって来る場合があるのです。

基本は応募企業ごとに職務経歴書(レジュメ)を加筆変更

職務経歴書は応募企業ごとに手を入れるのが原則

応募先ごとに書き換えが必要なのは志望動機、応募動機だけではないのです。

カスタマイズという言葉を使いましたが、新しく作り直すくらいの気持ちで臨んだ方が良いかもしれません。

変更するところを探すよりも、もう一度全体を考え直すくらいの方が良いものが出来上がります。入魂(にゅうこん)です。

転職コンサルタントに応募の都度、レジュメ作成の相談はした方が良いのです。

募集要項からは読み取れない追加情報をゲット

公開されていない情報が聞かれる

あなたが希望する求人を紹介してくれるで触れましたが、転職エージェントのクライアント企業担当は、求人背景、求める人材、その人材への期待内容など詳細に把握しています。

クライアント企業担当は、転職コンサルタントと同一の場合もあれば、異なる場合もあります。異なる場合、転職コンサルタントは、クライアント企業担当から、企業についての詳細な情報を得ています。

応募書類のカスタマイズや面接時の対応に役立つだけでなく、入社後の将来像や展望もイメージできます。

将来を見据えたキャリアプラン作成

キャリアプランの作成サポート

面談の際に、人材コンサルタントから、将来をどう考えているか、どうなりたいか、展望について聞かれます。

これは、あなたが今回の転職活動を、どう位置付けているのかを確認し、あなたの意向に合った仕事を紹介しようと考えていることの現れです。

あくまでも、あなたの為に確認するのですから、無理に即席でこしらえたり、持ってもいない将来像をでっち上げたりする必要はありません。

明確なイメージが無いならば、現状の率直な気持ちを正直に伝え、相談すれば良いのです。

転職の初めから終わりまでの一連のサポート

在職中の転職活動でしたら、退職手続等も含め、転職にかかる諸々の相談に乗ってくれます。

転職コンサルタント自身が知らないことでも、社内等で照会出来るはずなので、遠慮なく相談すればよいです。

転職すべきか否かに迷い|転職市場での価値を知る

判断が付く/踏ん切りが付く

考えだしたら限(きり)のない悩ましい状態。

転職すべきか、転職すべきでないか・・・それが問題だ。

そんな場合は、人材紹介会社を利用しましょう。

現状の経験やスキルで転職する場合、どのような可能性があるか。年俸はどのくらいか。有利に転職する為には、これから何を経験しておいたら良いか。何を勉強しておいたら良いかなどなど、具体的な判断材料が出てきます。

独りで堂々巡りをしていると、徐々に考えが凝り固まってしまいます。ひょっとしたら既に客観性を失っているかもしれません。そういう意味でも転職コンサルタントに相談すると有意義です。

転職活動でエージェント抜きは考えられない!

えっ、転職エージェントを使わないの?

転職エージェントを使わないの?

「転職」という言葉が頭をよぎったら、直ぐに人材紹介会社へ・・・あなたにとって、もう当然のことになっていますね。

  • 非公開求人も含め、求人案件の数が増えと情報も入手出来、可能性が広がる
  • 人材コンサルタントというプロフェッショナルで客観的な相談相手が出来る
  • お金は一切かからない

つまり、有利に転職できるのは間違いない。

問題は、転職エージェントを利用するかしないかではありません。

転職エージェントとどう関わって行くのかです。

エージェントの選び方|無駄は省くが損はしない

応募したい求人が無ければ話にならない

エージェントを利用しないことが、大きなハンデとなることは十分に理解できたでしょうか。

そんなあなたの頭の中は、

転職エージェントはどこを選ぶのが良いか?

で一杯ではないでしょうか。

ところで転職エージェントで最も重要なことは何だか分かりますか?

転職エージェント選びでも様々な要素は有りますが、一番大切なことは、あなたが応募したい求人を持っていることです。

ない袖は振れぬ

ちょっと話は逸れますが、営業では、見込み客リストというのがあります。文字通り見込み客のリストなのですが、その中で見込み客をランク付けします。見込み客A、見込み客B、見込み客Cの3ランクに分けます。

甲を、買う気が有って、金がある。乙を、買う気が有るが、金が無い。丙を買う気が無いが金があるとしましょう。この時の甲、乙、丙3人の見込み客ランクはどう付けられるか分かりますか。

甲は簡単ですね。買う気が有って、金もあるのですから、Aランクで、見込み客Aです。それでは、BランクとCランクの見込み客Bと見込み客Cは、乙と丙のどちらでしょうか。

優先されるのはお金が有るか無いかで、丙が見込み客B、乙が見込み客cのランクになります。

理由は、丙は買う気にさせられれば、直ぐに売上になりますが、乙はお金が無いので、直ぐには買えないからです。

転職エージェントでは、応募したい求人があることが最優先されます。転職コンサルタントが、いくら面倒見が良くても、いくら親切でも、いくらスキルが高くても、求人の紹介が受けられなければ、転職はできないからです。

転職エージェント選びでは、応募したい求人を持っていそうな転職エージェントを選択します。

先ずは取扱求人数の多い大手転職エージェントから登録

転職エージェントは複数のエージェントに登録します。

応募したい求人を持っていそうな転職エージェントとして、先ずは大手や準大手と言った取扱求人数の多い転職エージェントに登録していきます。

やみくもに中小規模の転職エージェントに登録しまくるよりも、公開求人数と非公開求人数を合わせて10万件以上の取り扱いのある大手転職エージェントに登録する方が確率的に良いのです。

一旦、取扱求人数を優先し、まとめて転職エージェントを選んだら、続いては選別に入ります。それは、あなたに当たった転職コンサルタントの良し悪しです。

転職コンサルタントを見極める

転職コンサルタントを見極めるのはあなた

転職エージェントに登録すると、基本的には、あなたの応募対象となる求人分野を得意とする転職コンサルタントがあなたの担当になるでしょう。

転職支援と言うのは、多岐にわたりますし、求人案件一つ一つは異なりますから、サービスは均一ではありません。あなたのキャリアに対する理解度、つまり職務経歴書の読み込み精通度合いや面談での理解度は、転職コンサルタントの経験、スキル等で変わってきます。

出会う転職コンサルタントであなたの転職活動の質が決まる

満足の行く転職活動を行うためにも、有能な転職コンサルタントと出会うことが必要です。あなたの職務経歴書の完成度も出会った転職コンサルタントのレベルで決まってくるのです。

通り一遍の対応しかできない転職コンサルタントが担当になってしまえば、あなたの応募書類もその水準のままです。より有能な転職コンサルタントの添削を受けた応募書類に比べ、書類選考の通過率は下がりますから、新たなる転職コンサルタントとの出会いは貪欲に求めなければなりません。その為には、新たなる転職エージェントに追加登録です。

注意して欲しいのは、有能な転職コンサルタントと感じられないからといって、ぞんざいに扱ったり、邪険に扱ったりすべきではないということです。倫理的な意味、道義的な意味では勿論ですが、実利的な意味、つまり転職を有利に進めるという意味でもです。

あなたが応募したい求人があるかもしれないと思って登録した転職エージェントなのですから、もしかしたらあなたが応募したい求人が実際に存在し、それを見付け出して紹介してくれるかもしれないからです。

努めてあなたの味方を多く、あなたに有利な転職活動を進められる環境構築に留意すべきなのです。

転職活動は初動が肝心

初動が命運を分ける

職務経歴書の完成度を早々に上げるためにも、転職活動開始したばかりの頃は、積極的に転職コンサルタントとの出会いを求めなければなりません。

つまり、何社かの転職エージェントに登録し、何人かの転職コンサルタントと面談することは、必要条件です。たくさんの転職コンサルタントと接する機会を持てば、職務経歴書一つ採ってみても様々な見方が有ることを知るでしょう。

既に転職活動を行っているあなたにも当てはまります。そんなあなたにとっての初動は、今の説明を聞いたところから始まるのです。

人材紹介業のトップ3

  1. リクルートエージェント(¶ 公式ページを開く
  2. パーソルキャリア(旧インテリジェンス)のDODA(¶ 公式ページを開く
  3. JACリクルートメント(¶ 公式ページを開く

先ずは大手3社に登録です。

大手は基本的に全国をカバーしていることから、どなたが登録してもメリットがあります。

他にも業種や職種に特化した転職エージェントもあります。あなたの希望職種や希望業種に合った特化型の転職エージェントがあれば、強力なので是非登録してください。(¶ 転職エージェント紹介